私が中学2年生の時、親に毎日殺されかけていました。

殺されかけた理由は、私の不登校をはじめとした色々な問題です。当時はいじめにもあい、学校にも行きづらくなり親に嘘をついて休んでいました。

あまりにも学校に行かないものだから、親が包丁を片手に「殺してやる!」と私に向かってきました。

「あ…私このまま死ぬな」と、何度も思ったことがあります。

テレビを見ている時、突然後ろからタオルで首を絞められました。息もできずもがいていました。そんなに私が憎いならいっその事首吊って死んでやろうかな、と思ったこともありました。

私は中学3年の後半になってから学校に行くようになりました。

それからは包丁を片手に私に向かってくることも、タオルで首を絞められるようなこともなくなりましたが、未だに親が台所から包丁を取り出す度に、当時のことを思い出し、怖くて身を構えてしまいます。

色々ありましたが、今は喧嘩もするけど仲良しな親子です!

 

先日、名古屋市北区のマンションで小学6年生の男子児童が実の父親に刺殺された事件。息子を刺した理由を父親はこう語っています。

「中学受験の勉強をしないので刺した」

実の親が自分の子どもを殺す。これほど痛ましいことはありません。

親からはいろいろな弁明の言葉があるかもしれません。もちろん、子育ての大変さは経験した者でなければわからないと思います。

育児に疲れ果て、子どもと一緒に無理心中を遂げたという例も少なくないのです。

また、青森市では中学2年の女子生徒が電車にはねられて死亡した事故が起きたばかりです。スマホには「もう生きていけそうにないです。いじめてきたやつら、自分でわかると思います。二度としないでください」という内容の遺書が残されていました。

どちらの事件も、他人事ではありません。

もしかすると私も男子生徒のように実の親の手によって命を絶っていたかもしれないし、女子生徒のように自ら命を絶っていたかもしれません。

当事者でないと複雑な想いはなかなか計り知ることのできない親子問題。もし、今あなたが家族のことで悩んでいたら、冷静に時が経つのを待つのもひとつの手段かもしれません。

きっといつか笑顔で過ごせる日が来ると私は思います。

父親「中学受験の勉強しないので」…小6刺殺 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 名古屋市北区のマンションで小学6年生の男子児童が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された父親の会社員佐竹憲吾容疑者(48)が「中学受験の勉強をしないので刺した」などと供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。www.yomiuri.co.jp

via:YOMIURI ONLINE

via:HUFF POST