今ではもうすっかり見かけなくなったブラウン管テレビ。今現在は薄型テレビが主になっています。そこで最近見なくなったブラウン管テレビにスポットを当てようと思います。

ブラウン管テレビっていつから見なくなった?

気づいたら見なくなってました(笑)一斉に地デジ化になってみんな薄型テレビを買っていましたよね。地デジ化になったのが2011年『意外と最近じゃん』って感じですよね。6年前に完全地デジ化になったようです。

私の家はアナログだったので

みんながブラウン管テレビの時、私の部屋はアンテナテレビでした。カチカチとダイヤルを回してアンテナを動かして一生懸命見てました(笑)やってること昭和か!って感じですが…私の部屋は昭和感満載でした(笑)私の家は基本新しいものではなく古いものを譲ってもらっていました。今でも変わらず私は古いものを求めています。MDを見なくなった時にMDにハマったり、カセットテープにハマったり。1年前まではビデオデッキも持っていました。

アナログでも魅力がある

小学生のときは私は時代遅れと言われていました。言われたときは悔しかったです。でも今では時代遅れでもいいじゃんと思っています。アンテナテレビは電源スイッチ(引っ張るやつ)、チャンネルのダイヤルなど今のテレビにはないところに魅力を感じます。ブラウン管テレビは、重かったり、画面に近づくと静電気がきたり、テレビ画面を写真で撮って現像した時に画面が真っ暗!!そういうところもブラウン管の魅力です。

アンテナテレビやブラウン管テレビには魅力がいっぱいあります。みなさんもたまにでもブラウン管テレビのことをふと思い出してみてください!