fbpx
2021/06/10:フリーペーパーvol.63発刊!

専門医療機関で成人知能検査(WAIS-III)を受けてみて感じたこと

自分の得意不得意が分かるウェイス(WAIS)

皆さんは自分はここが得意だ、逆にここは不得意だなと思うことはありませんか?自分では、得意なことや不得意なことが分かっていても、果たして本当にそうなのか?と私は疑問に思うことがあります。

私の場合、よくクイズ番組などに出るパズルや間違い探しなどが得意ではなく、計算問題も頭の中で計算するのが難しく、暗記もできないのですごく不得意です。

しかし、自分が思っている得意不得意というのは、自分自身が判断していることであって、医療機関などで知能検査をしないと、本当の得意不得意が分かりません。

そして、IQと聞くと【IQが高い=頭がいい】とイメージする人が多いと思いますが、7割は間違っています。IQテストというのは賢さのいくつかの側面で測っています。

今回は、さくらももえがウェイス(WAIS-III)知能検査を先日、医療機関で受けてきたので、その時に感じたことなどを書いていこうと思います。

ウェイス(WAIS)とは?

ウェイスとは、知能検査のことであり、正式名称はウェクスラー成人知能検査(略称:WAIS【ウェイス】)と言います。

このウェクスラー成人知能検査の適用年齢は16歳〜89歳までとなっており、もう一つある、WICS(ウィクス)知能検査の適用年齢は5歳〜16歳11ヶ月までとなっています。

知能検査といっても集団式検査、個別式検査、就学時検査があり、検査名の種類も、検査の適用年齢も異なります。

検査項目

私が検査したWAIS−IIIは検査項目が14項目あり、言語性検査が7項目、動作性検査が7項目計14項目あります。検査内容によっては検査項目が15項目あることもあるようです。

簡潔に検査項目をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【言語性検査】

【言語理解】理解 単語 類似 知識

知覚統合】 積み木 絵画完成 行列推理 パズル バランス(16〜69歳のみ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

動作性検査

作動記憶算数 数唱 語音配列(16〜69歳のみ)

【処理速度】 記号探し 符号 絵の抹消 組み合わせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウェイスはどこで受けられるのか

ウェイスは精神科、心療内科などの専門医療機関で受けることができます。しかし、ウェイスを受ける際は初診では受けることが難しいので、2回目の受診で事前に予約をしてから検査を受けることができます。

私が検査を受けるきっかけになったのは、日々生きていく中で生きづらいと思うことがあり、ある動画を見て私も自分のIQを知り、自分の得意不得意を知りたいなと思ったのがきっかけでした。

苦手だった項目が得意になっていた

ウェイスの検査を受けていると、テストみたいで楽しい!と思いましたが、検査の最後になってくると集中力が切れました。

知能検査が終了し、少し時間が経ってから起こったのですが、普段左脳をあまり使っていないからなのか、検査後は左脳がズキズキとし、久しぶりに頭を使ったなと感じました。

9年前に受けた知能検査では【行列推理】がとても苦手でした。法則性の問題が全然分からずに、当時は考えようとせず、適当に回答していました。

今回また、知能検査を受けてみると【行列推理】がスラスラ〜と解けるようになり、法則性の問題の意味も分かるようになっていました。なぜ法則性の問題が解けるようになったかというと、日々謎解きをしているからだと主治医に言われました。

検査後に、ネットのIQテストを受けてみると【IQ125】という結果が出ました。(たまたまだと思います。)

【知識】の項目も問題の途中で答えそうになりましたが、これも日々クイズ番組やクイズ動画を見たり、クイズ本などを読んでいるおかげだなと思いました。

得意不得意の結果と今後の対策

ウェイスの検査結果を主治医から渡され、検査結果を見てみると『得意な項目はここで、苦手なとこはここだったのか』と検査結果の用紙を何度も見ていました。自分の得意不得意に、とても納得しました。

上記の通り、【行列推理】については点数で表すと平均+3で中々いい結果でした。

全項目が平均ぐらいであってほしかったのですが、【算数】や【単語】【理解】【完成】【積み木】などが不得意だったので、一から小学生のドリルや広辞苑などで勉強して、自分が理解できるまで頑張って取り組み、得意な項目は、引き続き挑戦していこうかなと思います。

ウェイスを受けてみて

WAIS-IIIを受けてみて、自分の得意なことや不得意なことも知ることができ、この項目が不得意なら少しでも得意になれるように対策をしていくべきだと感じました。

【指示などを伝える際に長文で伝えられると物事の要点をつかみにくくなってしまうので、指示を伝えるなら短く明確に分かりやすく伝えることが望ましい。】など、的確なアドバイスが書かれていたので少し安心しました。

ウェイスを受けるきっかけがなければ、得意なことや不得意なことが分かっていなかったので受けてみてとてもよかったと思いました。

 

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。