fbpx
2019.06.10:フリーペーパーVol.39発刊!

若い人にも知ってほしい演歌!演歌は日本の誇り!!

みなさんの知っている演歌歌手は?

みなさんは演歌歌手と言ったらどなたを思いつきますか?
紅白にも出ている、石川さゆりさん、坂本冬美さん、藤あや子さん、北島三郎さん、美川憲一さん、氷川きよしさん、五木ひろしさんなどなどを思いつく人もいるのではないでしょうか?
若い人はあまり演歌を聞く人は少ないです。私の周りは中々いません(汗)

昔から演歌、歌謡曲を聴いていた

学校が休みの時は、母のカセットを引っ張り出して、母と一緒によく聴いていました。演歌や歌謡曲を聴いている時がとても楽しかったです。
おばあちゃんの家に行くとおばあちゃんは氷川きよしさんを聴いていたので、一緒に聴いていました。
小さい頃から演歌、歌謡曲で育ったので、歌がとても大好きです!

若手の演歌歌手もたくさん

10代20代でもすっと入れるようなそんな曲や、演歌歌手もたくさんいます。
男性演歌歌手は、有名な人だと三山ひろしさん、山内惠介さん、福田こうへいさん、純烈さん、女性は、丘みどりさん、市川由紀乃さん、岩佐美咲さんなど。
今は、若手演歌歌手が演歌界を盛り上げています。

コンサートへ行ったらもっとハマってしまう

先日、三山ひろしさんのコンサートへ行きました。以前も行ったことがあるのですが、1人はとても不安でした。でも周りの人にお声をかけていただき、全然寂しくなかったです。
コンサートはというと、歌もトークも素晴らしい!三波春夫さんの曲を歌ってくれた時は、『これは真剣に聴かないと』と思い、ペンライトを消し真顔で真剣に聴きました。圧倒されました。
トークも面白すぎてお腹がよじれるぐらい笑いました(笑)
ビタミンボイス!最高でした!また行きたいと思いました。

何回も演歌歌手のコンサートには行っているのですが、周りの人もすごく優しくて、演歌歌手のコンサートに行くとすごく落ち着きます。

注目の新人演歌歌手!

私がおすすめする新人演歌歌手をご紹介したいと思います。まず一人目。辰巳ゆうとさん。大阪府出身の20歳!現役大学生です。彼は『下町純情』でレコード大賞最優秀新人賞を受賞しました。氷川きよしさんと一緒の長良グループです。辰巳さんはバルーンアートが得意で、新曲キャンペーンなどで披露しています。若いフレッシュな声で多くの女性ファンを虜にしています。
【辰巳ゆうと・下町純情】

二人目は、中澤卓也さん。新潟県出身の23歳。彼も『青いダイヤモンド』でレコード大賞新人賞を受賞しました。中澤さんはミラクルボイスと言われていて、『長岡のマダムキラー』(長岡は新潟県長岡市)と言われています。因みに、中澤さんのお兄さんが中澤さんより先に紅白に出ていました。三山ひろしさんのけん玉で2年連続で。『兄より先に越されるのは悔しい』と言っていました。中澤さんのインスタのストーリーを見ているとスニーカー愛がすごいです!!!大安にスニーカーを下ろします!あと、中澤さんが最近ハマっているザーサイと生茶が度々でてくるのでインスタを要チェックしましょう!
【中澤卓也・青いダイヤモンド】

三人目は、二見颯一さん。宮崎県出身の20歳。今年デビューしたばかりの期待の新人です!二見さんは民謡で鍛え上げた声でやまびこボイスと言われています。3月6日に『哀愁峠』でデビュー。ブログを見ると、二見さんは、とても絵が上手です。絵心がない私なので二見さんに教えてもらいたい(笑)
【二見颯一・哀愁峠】

 

演歌は古いという考えは捨てて!

演歌は古いとか渋いとか言いますが、全然渋くないし、古くもありません!新しいと思います。新人の演歌歌手がたくさんいて、若い人でもすっと聴けるような曲があります。私は、演歌を毎日聴けるなんて日本に生まれてよかったなと思います。演歌は日本の誇りだと胸を張って言えます。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。