2018.6.10:フリーペーパーVol.27発刊!

第41回アビリンピック鹿児島大会、競技11種目の紹介

鹿児島大会で行われる11つの競技

7月22日、鹿児島県の鹿児島市と薩摩川内市、2つの会場で行われる、「第41回障害者技能競技大会アビリンピック鹿児島大会」。
今大会で開催される、各競技の内容についての紹介をします。
また、先日投稿した「アビリンピック」とは、どういう大会なのかや、鹿児島大会の詳しい日程や会場についての記事も併せて御覧ください。

【7/22開催!第41回障害者技能競技大会アビリンピック鹿児島大会!】
https://1234times.jp/article_32918.html

競技種目の紹介

では早速、各競技種目を詳しく紹介していきます。
今回、新たに追加された「オフィスアシスタント」を含め、アビリンピック鹿児島大会で競、われる9つの競技について解説していきます。

洋裁

課題として支給される、生地、糸、ボタンを使い婦人服のブラウス制作を行います。
衿つけ、脇縫い、ボンタンつけなどの細部にわたる縫製を競います。

家具

支給された材料と工具を使い、課題図に 示す作品を製作していきます。
手工具、電動工具を駆使し、板と板の接合や、角材と角材の接合などの、接ぎ手加工を競います。

ワープロ

WindowsのWordを使い、作表競技、書簡文作成競技、入力競技、3つの競技で競います。
見本となる書類が渡され、それと同じどおりに作成していきます。
課題となる見本の書類と同じものが作れるか、入力の速さや、正確さが競技のポイントになっていきます。

建築CAD

課題となる建築図面を、製図規則に則り、建築CADシステムを用いて建物の平面図や立体図、断面図な見やすく正確に作図していく競技です。
数値を正確に入力しながら、CAD特有の機能を駆使し、実際の建築現場で作業する人が見やすく、分かりやすく、見た目にも美しい図面を作成することが競技のポイントとなっていきます。

義足

与えられた陽性モデル及び材料を用い、下腿義足(PTB式)ソケットを製作していきます。
素材の特性や捉え、繊細かつ的確な寸法と、迅速な加工技術がポイントとなります。

ピルクリーニング

会場に設置された模擬オフィスの、カーペット床掃除、弾性床清掃の掃き、拭き、机上清掃で競います。
競技内では、資機材の取り扱い、清掃技術、サービス業としてのマナー、安全に配慮した作業が競技ポイントとなってきます。

喫茶サービス

会場内に作られた模擬の喫茶店において、お客様に飲食待遇のサービス提供する技術を競います。
お客様をテーブルへの案内、注文を取ってから料理を提供する、お客様堆積後の後片付け、次のお客様に向けての準備までを行います。
この競技には、「規定競技」と新規種目となった「自由競技」の2種類があります。
「規定競技」は個人でお客様への飲食待遇のサービスを行います。
「自由競技」は2〜3人の1グループで連携しながら、飲食待遇のサービスを行います。

ベッドメイキング

対象となる介護者が、居室ベッドで寝ている状態で、崩れにくいリネンの交換を行います。
入室から介護の対象者の体調や状況に気をつけながら、シーツ、掛け物、防水シーツを崩れにくいように正確に交換していきます。

オフィスアシスタント

「手紙を出す」までの手順を競うもので、「文書を折る」「封筒に宛名シールを貼る」「文書を封筒に封入する」の一連の作業を丁寧に、早く、正確に行います。

木工

支給された材料を正確に寸法に墨付けし、手加工から、釘や接着剤を使い組み立てて、課題となる図面が示す作品を完成させていきます。

参加方法と参加資格

ここからは、アビリンピックに出場する方法や参加資格について紹介します。

参加方法

「独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構鹿児島支部」の「平成30年度(第41回)アビリンピック鹿児島県大会開催のご案内と参加選手募集」内にて参加申込書と、同意書をダウンロードします。

【平成30年度(第41回)アビリンピック鹿児島県大会開催のご案内と参加選手募集】
http://www.jeed.or.jp/location/shibu/kagoshima/46_ks_abilin.html

必要事項を記入し、下記の申込先へ郵送で申し込みます。

〒890-0068
鹿児島市東郡元町14番3号
ポリテクセンター鹿児島内

今大会となる「第41回アビリンピック鹿児島大会」の締め切りは、
平成30年7月22日(日)9:00~  ※延期の場合:平成30年7月29日(日)となっています。

参加資格

また参加条件は、場合はいずれの条件に該当する方となります。

1.「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」のいずれかを保持している方
2. 平成30年4月1日現在において満15歳以上の方。
3. 競技時間に十分耐えられ、かつ、競技に支障をきたさない健康状態である方。
4. 参加を希望する競技種目において、鹿児島県大会で直近の3大会連続して金賞を受賞したことのない方。
5. 参加を希望する競技種目において、過去の全国障害者技能競技大会で金賞を受賞したことのない方。

まとめ

今回行われます「第41回アビリンピック鹿児島大会」に出場を予定されている方々、日頃培ってきた技術を活かして好成績が残せるようがんばってください。
今大会の詳細については先日投稿した以下の記事にも記載しています。
興味を持って頂いた方は、是非目を通してください。

【7/22開催!第41回障害者技能競技大会アビリンピック鹿児島大会!】
https://1234times.jp/article_32918.html