2015年、それまで星マークでお馴染みだった「お気に入り」ボタンから、ハートマークの「いいね」ボタンに変更されました。公式は、使い方についてこのようにつぶやいています。

このハートマークで様々な感情やリアクションをしたい場合に使ってほしいとのことですが、これだけで人の喜怒哀楽などを表わせなんて、かなり無茶な話ではないでしょうか?還って誤解が生じたり、不快にさせるなどのリスクが増えただけでは?

ユーザーからの評判もイマイチ。

私以外にも「いいね」ボタンに対する使いにくさを感じる人は少なくないようです。

— シマシマネコのママ(壊憲を阻止したい) (@simanekomama) 2015年11月3日

最近では、フォロワーが「いいね」を押した他人のツイートが自分のタイムライン上に現れるという、「リツイート」機能とほぼ同じ要素が追加されました。果たしてこの追加要素は本当に必要なのか疑問です。

他人のいいねツイートを表示させない方法

そんな「いいね」された他人のツイートの表示がうっとうしいと思っている方に朗報です。
先日、Twitter のミュート機能を使った「いいね」された記事の非表示方法を紹介したツイートが話題になりました。

これであなたのタイムラインはスッキリするはずです。

個人的に、無駄な機能ばかりが増えているような気がする昨今のTwitter。
ユーザーが離れていかないようにするため、あれこれ試行錯誤なのかもしれませんが、個人的には一昔前のシンプルな仕様に戻すか、そういう選択肢を増やしてもらえるとありがたいです。