9月30日(土)からメキシコで開催予定だったパラ水泳とパラパワーリフティングの世界選手権は、現地時間19日に発生した地震の影響を受け、延期されることとなりました。

メキシコ地震で被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

メキシコシティで事前合宿をしていたパラ水泳日本代表の選手たちは全員無事で、9月26日(火)に帰国したとのことです。

以下、10月に開催されるパラスポーツ大会・イベントを紹介します。

10月1日(日)

【水泳】 第20回日本知的障害者選手権(25m)水泳競技大会

知的障害を持っている方の短水路日本選手権です。この大会の記録は、「2018 ジャパンパラリンピック水泳競技大会」「第35回 日本身体障がい者水泳競技選手権大会」出場への対象となります。

場所:金沢市城北市民運動公園 金沢プール(石川県金沢市磯部町八55番地)

【陸上競技】 第22回長良川ふれあいマラソン大会

障がいの有無、種別は問わないとのことです。

場所:木曽三川公園特設会場(岐阜県海津市海津町油島)

【アーチェリー】 第40回火の国杯九州身体障害者アーチェリー選手権大会

場所:菊陽杉並木公園スポーツ広場(熊本県菊池郡菊陽町)

10月5日(木)~15日(日)

【柔道】 IBSAワールドカップ

パラリンピックの柔道は、視覚障がい者の競技として行われています。体重別で男子7階級、女子6階級。この大会は、東京パラリンピックの出場枠獲得につながる大会となります。

場所:ウズベキスタン

10月8日(日)

【トライアスロン】 ITUパラトライアスロンワールドカップ アメリカ

世界トライアスロンシリーズ。座位(1)・立位(4)・視覚障がい(1)、全6カテゴリーで開催予定です。9月18日(火)、オランダ・ロッテルダム大会では、女子PTS4(立位・中度)クラスで谷真海選手(サントリー/東京)が優勝、日本人初の世界選手権覇者となりました。谷選手は、走り幅跳びから競技変更してのこの快挙。ポテンシャルの高さを感じます。

場所:Sarasota,FL-Nathan Benderson Park,United States

【5人制サッカー】 ブラインドサッカー西日本リーグ2017 第2節

9月24日(日)開幕したブラインドサッカー西日本リーグ2017。兵庫県、岡山県、広島県、福岡県を主な対象とするブラインドサッカーのリーグ戦です。観戦無料となっています。

場所:宇野港フットサルコート(岡山県玉野市築港5丁目4-1)

【陸上競技】 第30回岡山吉備高原車いすふれあいロードレース

午前10時スタートです。障がいのある人もない人も同じフィールドでともに汗を流すことで、お互いのことを理解したり、また、交流したり。もちろん、競技力向上や健康、体力づくりも目的としています。昨年の大会は、車いすの部85人、一般の部1,526人、合計1,611人参加。ハーフマラソン男子・女子(T51~54)、10kmの部男子・女子(T51~54)、3kmの部男子・女子(T51~54)があります。

場所:吉備高原総合リハビリテーションセンター駐車場及び指定場所(岡山県加賀郡吉備中央町吉川7511)

10月9日(月)~14日(土)

【パラアイスホッケー】 平昌パラリンピック最終予選

日本代表は2010年バンクーバー大会で銀メダルを獲得。しかし…続くソチではまさかの最終予選敗退。2大会ぶりのパラリンピック出場なるか?チェコ、ドイツ、日本、スロバキア、スウェーデンで、残り3枠の出場権をかけて戦います。

場所:スウェーデン・エステルスンド

via:【平昌パラ最終予選】 パラアイスホッケー、本大会への最後の切符をかけた戦い

10月9日(月)

【5人制サッカー】 ブラインドサッカー北日本リーグ2017 第2節

9月30日(土)開幕のブラインドサッカー北日本リーグ。北海道、新潟県、宮城県を主な対象とするブラインドサッカーのリーグとなっています。観戦無料です。

場所:新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ(新潟県北蒲原郡聖籠町東港5丁目1923-12)

10月13日(金)~15日(日)

【車いすフェンシング】 2017年車いすフェンシング日本選手権・国際親善大会

車いすフェンシングは、車いすを固定した状態で競技を行います。今大会は、日本、台湾、オーストラリアの選手が參加予定です。競技種目は、男女個人戦(フルーレ:胴体をつく)、男子個人戦(サーベル:上半身を突き、斬る)、女子個人戦(エペ:上半身を突く)です。

場所:京都車いすフェンシング競技ナショナルトレーニングセンター(元山王小学校体育館:京都市南区東九条東山王町27)

via:This is WHO I AM.ーこれが私「ベアトリーチェ・ヴィオ」車椅子フェンシング

10月15日(日)

【アーチェリー】 JPAF杯(日本身体障害者アーチェリー連盟杯)

9月12日(火)~17(日)中国・北京にて、パラアーチェリー世界選手権が行われ、混合W1(四肢障害・車椅子使用)クラスで、仲喜嗣選手(奈良県)、平沢奈古選手(株式会社 アクト・テクニカルサポート)が139対134で韓国を破り、銅メダルを獲得しました。

場所:埼玉県障害者交流センター(さいたま市浦和区大原3-10-1)

10月18日(水)~21(土)

【卓球】 PTT タイオープン ファクター40

9月7日(木)~9月9日(土)に開催されたチェコでの国際大会では、金メダル1個、銀メダル3個、銅メダル2個獲得しました。タイ大会では、「バタフライマダム」の異名をもつ別所キミヱ選手(クラス5:車いす・軽度)も出場予定です。

場所:タイ・スパンブリー障害者ナショナル・スポーツ・センター

10月21日(土)~22日(日)

【ゴールボール】 2017 日本ゴールボール選手権大会 男子二次予選会

場所:守山市民体育館(滋賀県守山市三宅町100)

10月22日(日)

【5人制サッカー】 ブラインドサッカー東日本リーグ2017 第4節

8月27日(日)に開幕したブラインドサッカー東日本リーグ。茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県のチームが主な対象。日本一の「たまハッサーズ」をはじめ、強豪チームが複数あり、最もレベルの高い地域リーグ。観戦無料です。

場所:慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市日吉4丁目1-1)

【5人制サッカー】 ブラインドサッカー中日本リーグ2017 第2節

今年から追加された山梨県、長野県、愛知県のチームを主な対象とする中日本リーグ。9月23日(土・祝)に開幕しました。山梨キッカーズ、F.C.長野RAINBOW、Mix Sense 名古屋の3チームが參加しています。

場所:びんぐしの里公園(長野県埴科郡坂城町網掛3000)

【車いすバスケットボール】 第40回テレビ朝日杯争奪秋季大会

場所:ひらつかサン・ライフアリーナ(神奈川県平塚市中堂246-1)

【アーチェリー】 第15回千葉県身障者アーチェリー大会(小川杯)

場所:船橋アーチェリーレンジ(千葉県船橋市滝台1-7-2)

【陸上競技】 OSAKA EKIDEN in 長居 兼 全国視覚障がい者駅伝大会

視覚障がいの部、一般の部があります。視覚障がいの部は、中学生以上の男女視覚障がい者が対象です。4区間で20km。リオパラリンピックに出場した、道下美里選手(女子マラソン銀メダリスト)、岡村正広選手(男子マラソン銅メダリスト)、和田伸也選手(男子マラソン、1,500m、3,000mの3種目で入賞)も參加予定です。

場所:ヤンマースタジアム長居、長居公園内周回コース(大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1)

10月28日(土)~30日(月)

【卓球】 第3回ベルギーオープン

男子は、片見、武田、佐藤、岩渕、辻村の5選手、女子は、小澤、工藤、鈴木の3選手が出場予定です。

場所:ベルギー・シント=ニクラース

【パラスポーツ】 第17回全国障害者スポーツ大会(愛顔つなぐえひめ大会)

個人競技は、陸上競技(身・知)、水泳(身・知)、アーチェリー(身)、卓球(身・知)、サウンドテーブルテニス(身)、フライングディスク(身・知)、ボウリング(身・知)。

団体競技は、車いすバスケットボール(身)、バスケットボール(知)、ソフトボール(知)、グランドソフトボール(身)、バレーボール(身・知・精)、サッカー(知)、フットベースボール(知)。

オープン競技として、肢体障がい者ボウリング(身)、ブラインドテニス(身)、精神障がい者フットサル(精)が行われます。

個人的には、精神障がい者フットサルを観てみたいです。ちなみに、東京パラリンピックのある2020年は、鹿児島で国体・全国障害者スポーツ大会が行われます。

(身):身体障害者が対象、(知):知的障害者が対象、(精):精神障害者が対象

場所:愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)を中心に愛媛県内各地で開催

10月28日(土)

【ウィルチェアラグビー】 渋谷区長杯 第1回渋谷区ウィルチェアーラグビー大会

東京パラリンピックでは、卓球(東京体育館)、バドミントン、ウィルチェアーラグビー(国立代々木体育館)の3競技が実施される渋谷区。パラスポーツを間近で観戦、体感できる「リアル観戦事業」として、8月にはパラバドミントンイベントを実施、10月にウィルチェアーラグビー、11月にパラ卓球イベントを予定しています。ウィルチェアーラグビーは、パラ競技で唯一、車いす同士がぶつかるタックルが認められています。生で観るとその迫力はすごいものがありますよ。

場所:渋谷区スポーツセンター(東京都渋谷区西原1丁目40-18)

10月29日(日)

【陸上競技】 第37回大分国際車いすマラソン

1981年に世界初となる、車いすマラソン単独の大会としてスタートした「大分国際車いすマラソン」。昨年は、海外選手44名(14カ国から參加)、国内は31都道府県から186名、合計230名の選手が參加しました。36回大会は、初のTV生中継があり、昨年私もテレビで観戦しました。今年も実況生中継で放送されるみたいですよ。
場所:スタート:大分県庁前~ゴール:大分市営陸上競技場(大分県大分市西浜1-1)

10月は、柔道、トライアスロン、パラアイスホッケー、卓球、車いすマラソンで国際大会があります。

特にパラアイスホッケーは、平昌パラリンピック最終予選となっています。前回のソチパラリンピックでは、この最終予選で接戦をものに出来ず敗退してしまいました。今回は是非、予選突破してパラリンピック出場を果たして欲しいですね。

via:日本財団パラリンピックサポートセンター

via:日本身体障がい者水泳連盟