鹿児島の中央町にある『かごっま屋台村』。平日の夜、週末の夜も大繁盛している屋台村ですが、2020年の12月31日に営業終了します。

『かごっまふるさと屋台村』って?

2012年4月に鹿児島中央駅近くに第一期25店でオープンし、地元食材や鹿児島弁を使ったおもてなしで多くの観光客の人気観光スポットとなりました。初めて鹿児島を訪れる方は、鹿児島の郷土料理やお酒をハシゴして楽しむことができます!

実は1回だけ屋台村に行ったことがある私。

私も3年前に行ったことがあります!年末年始の大晦日でお正月を迎えました(笑)とても楽しく飲めて店員さんがとっても元気!!!隣のお客さんとも仲良くなれたりしました。すごくフレンドリーで年越し蕎麦をみんなで食べたりしました!!!

営業終了で残念な声があがる・・・。

ニュースを見ていたら屋台村の営業終了のテロップが流れていてビックリしました!!屋台村に来ていたお客さんも『すごく残念。』『飲む場所がなくなる』ととても残念な声が上がっていました。

2020年まであと3年ですが、3年の間にまた屋台村に行こうかなと考えています。

まだ行ったことのない鹿児島県民も、この記事を読んでいる県外の皆様も是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

かごっまふるさと屋台村が20年末で営業終了 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com鹿児島 を代表するローカル紙「南日本新聞」の公式サイト。鹿児島のニュース、生活情報、レジャー観光、気象情報、桜島ライブカメラなど地域ポータルとしてご活用ください。373news.com

via:323News.com