最近、いたるところでカフェインを含まない「カフェインレス」コーヒーやデカフェ」と呼ばれるコーヒーをよく見かけるようになった。

まず、デカフェとは、本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含なくなったもののことだそうだ。

では、わざわざカフェインを抜いたものを飲む・カフェインを摂取しないという行為には、どのような理由があるのか?多くの場合、寝る前のコーヒーを控えるという人が多いのではないだろうか。就寝前にカフェインを摂取すると、なかなか眠れず目が覚めてしまうというイメージがある。

ちなみに、カフェインを含む身近で代表的な飲み物といえば、コーヒー・緑茶・ウーロン茶・紅茶などがある。

カフェインの作用といえば、興奮作用や覚醒作用、利尿作用、解熱鎮痛作用などがよく挙げられている。その他として不眠、めまいなども知られている。

お子様や妊娠中の方など、カフェインの影響を気にせず飲める「カフェインレス」「カフェインゼロ」と記載された商品も最近は本当に多い。

カフェインの覚醒作用に頼り、朝スッキリしない時や残業中の眠気を打破すべくコーヒーを飲んで頭をスッキリさせる人も多いのではないだろうか。このように、カフェインは頭をスッキリさせてくれるものの、夕方以降に摂取しすぎると眠れないということにもなりかねない。

カフェインレスコーヒーは、この点、いつ飲んでも体への影響が無い。コーヒーの香りそのものにもリラックス効果もあるため、寝る前にカフェインレスコーヒーの香りによる入眠効果も期待できるようだ。妊娠中や授乳中の女性にとっては、カフェはインレスコーヒーはお馴染みだろう。

カフェインレス生活を続けた人の中には「胃の調子が良くなった」「眠りの質が良くなった」などを挙げている人もいる。

最近眠りが浅い、とお悩みの方は少しカフェインレス生活にチャレンジしてみるもいいかもしれない。ただ、デカフェ・カフェインレス生活を続けるには外出先で飲み物が限られる・割高といったデメリットもある。

気が向いた時に少しカフェインと離れてみるものいいだろう。一度試飲してみて、実用性があれば生活の一部に取り入れて見てはどうだろうか?

カフェインレスコーヒーの健康効果 – ITmedia ヘルスケアカフェインを除去した「カフェインレス」や「デカフェ」のコーヒー。思わず選びたくなる情報がここにあります。healthcare.itmedia.co.jp

via:ITmedia ヘルスケア HealthCare

カフェインレス生活を始めて二ヶ月 メリットとデメリットをあげてみます この二ヶ月の間、カフェインレス生活をしていました。結論から言えばこれからも続けていく予定です。ちなみにですが、「デカフェ」というのは「本来カフェインが入っているものからカフェインを取り出したもの」だそうです。私はコーヒ…hietori-to.kura-so.info

via:冷えとりゆるゆる生活日記