心や体の健康に欠かせない物質「セロトニン」。このセロトニンが心や体に大きな影響を受けるという。

まずセロトニンとは何か?セロトニンとは人体で生成されるホルモンだが、その原材料になる成分を摂取すれば、自然と増加していく。しかし、セロトニンは食べ物から直接は摂取できるわけではない。

体内で生成されるホルモンのため、食べ物やサプリなどでは直接摂取する事ができない成分なのだ。

また、人間の幸せをつかさどるホルモンとも言われている。

体内で作られることで心身の安定をさせ、リラックスしたり、落ち着いたり、幸せを感じる事ができるのは、セロトニンのおかげのようだ。

そのセロトニンが不足すると引き起こされる精神病として、うつ病強迫性障害パニック障害などがあげられている。

 

では、私たちはいかにしてセロトニン物質を増やしていけば良いのか。

はじめに、簡単にできる事として太陽の光を浴びる事。これにより、自然に体内で生成されるのだそうだ。

一番効果的とされているのは、朝起きてすぐに朝日を浴びる事によって、目覚めも良くなり体内時計がリセットされる。一日を気持ち良く過ごすためにも、ぜひ明日から取り入れてみてはいかがだろう。

他にも必須アミノ酸を意識し、毎日の食生活に乳製品や大豆製品、バナナ、ナッツ、肉、魚などを増やしてみるのも効果的なようだ。

まずは簡単なことから。朝起きて日光を浴びる。これだけでも普段に比べ体が軽くなったと感じる方も多い。

また、セロトニンを増やすには継続的な運動も良いとされている。自分の体と呼吸に向き合い、定期的に体を動かしてみると普段抱えているストレスも少しは軽減されているかもしれない。

年末に向け忙しい季節、少しリラックスして自身の体と向き合ってみてはいかがだろう。

職場でのストレスやイライラを軽減 脳内のセロトニンを増やすための3つの方法 – ITmedia ヘルスケア不安感や幸福感に作用するとされているホルモン≪「セロトニン」≫。日ごろからIT機器の使用が多く、無表情で無口になりがちな人は、セロトニン不足になっている可能性があります。healthcare.itmedia.co.jp

via:ITmedia ヘルスケア HealthCare