fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

食欲の秋は季節限定じゃがりこ「さつまりこ」でアレンジレシピ!

さつまりこ

秋・冬は、季節限定のお菓子が目白押しだ。南国とはいえ、台風が去った鹿児島も朝夕は肌寒くなってきた。こんな季節はホットドリンクと甘いお菓子がつい恋しくなる(笑)。

さらにコンビニやスーパーなどでは「期間限定(季節限定)」の新商品が並ぶ。そのため、つい足を止めてしまうのは私だけではないだろう。

https://twitter.com/ryotaexbb/status/776417352556523524

さらにこの時期は、ハロウィン限定パッケージの商品も多い。

https://twitter.com/510genta_mcz/status/775303243584856065

特に、寒くなる季節はチョコ系や、芋系の新商品が多い。

https://twitter.com/ancotoco/status/776051239180087296

そんな中、ず~~~っと気になっていたが少し高めで手が出せずにいた、じゃがりこシリーズの「さつまりこ」が、とある店で安売りをしていたのでやっと食べることが出来た!

少し、高め…?と思うかもしれないが、主婦は1円単位で安いものを求めるものだ。なのに、子供のお菓子代はケチらないから、そういう場面でも自分は母親なんだと実感する☆

少し話しはズレたが、このじゃがりこシリーズの「さつまりこ」超絶好みの味だった!!「うま〜!!」の連呼と、「さつまりこ」を口に運ぶ手が止まらなかった(笑)

https://twitter.com/wakatakeruna/status/775134688234971137

じゃがりこといえば、パッケージ裏のデザインバーコードも魅力のひとつ。ポリポリと食べながらついついパッケージのイラストやコメントを読んでしまう。今年のさつまりこのデザインバーコードは「落語編」。

落語家に扮したフラミンゴが「やきいも」というお題目で落語を披露しています。バーコードは屏風!芸が細かい!

ph_limited1608_code

画像引用:カルビー

https://twitter.com/Kurara_Fl_1625/status/773083758572343297

調べてみると「さつまりこ」の歴史は意外と長く、2001年から販売されており、今年で15年目。

毎年パッケージなども替わっており、気になってはいたもののなんでもっと早く食べなかったのか、悔しい気持ちでいっぱいだ。

じゃがりこは、お湯を入れて潰すとマッシュポテトになって、そのまま食べるよりもマッシュポテトで食べる方が好きと言っている人達も少くないが、どうやらこの「さつまりこ」もお湯やミルクを入れるとスウィートポテトになって美味しくなるんだとか?!

https://twitter.com/24mayu_Fashion/status/772772521951113217

わたしも、いろんなアレンジを試してみたいと思う☆今年の秋は、食欲の秋で決まりだ(笑)

http://jyagariko.red/archives/55

via:じゃがりこファンサイト

http://cookpad.com/search/%E3%81%95%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%93

via:クックパッド