fbpx
2019.07.10:フリーペーパーVol.40発刊!

五月病は四月のうちに予防しよう!

五月病予防には本物のリラックス法が必要

ゴールデンウィークあけになんだか調子が上がらず、眠れない・やる気が出ない・ネガティブ思考・体がだるいなどの症状が出る五月病。長引くとうつ病につながるケースもあります。

四月に溜まりに溜まったストレスが心や体に影響を与えて、五月病になるともいわれています。ということは、四月の過ごし方が大切になりますよね。四月のうちにストレスをどのように解消していくのか…自分なりの本物のリラックス法が必要になりそうです。

心を癒す

わたしは、心を癒す=ホッとするというイメージをもっています。四月はまわりも自分自身も、ざわざわ、そわそわしているので、なかなかホッとできる時間がありません。意識的に心を癒す時間を作らないと難しいかもしれませんね。

ちょっとした時間に、五感を使って、副交感神経を刺激するのもいいかもしれません。

きれいな景色を眺めたり、心地よい音楽を聴いたり、安心できる触り心地のいいものに触れたり、甘いものを食べたり、ホッとする香りを嗅いだり。

視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚から、自分のホッとするものを取り入れて、心を癒しましょう。

あなたの心を癒す方法は何ですか?

体をいたわる

四月は緊張する場面が多くありますよね。緊張すると体もガチガチになりがちです。頭痛がしたり、肩が凝ったり、腰や背中がパンパンに張ったりしていませんか?

いつもと違う感覚に気づいて、体をいたわってあげてくださいね。

わたしのオススメは、ヨガと整体。自分の体を呼吸を意識しながら動かすと体も頭もスッキリ。信頼できる方に体のメンテナンスをしてもらうと、さっきまでと別物の体に変身します。

温泉もいいですね。ヘッドスパも良さそうです。体にやさしい食事も。ホテルで一泊というのもいいかもですね。

あなたはどんなことをすると、体が癒されますか?

本物のリラックス法は

「リラックスして」といわれても、本当にリラックス出来ている人って案外少ないのではないかと思います。わたしは、リラックスすることがとても苦手です。リラックスできれば、もっと生活を楽しめそうな気がしますが。

リラックスって、気持ちがいい、心が満たされている、不安がない状態かなと思っています。ということは、心に余裕をもつことがリラックスにつながるのかなと考えたりします。

あなたにとっての本物のリラックス法は何ですか?

五月にストレスを持ち込まないために

これまで、「心を癒す」「体をいたわる」「本物のリラックス法」について考えてみました。あと四月もわずかですが、この数日間で溜まりに溜まったストレスを少しでも解消できるといいなと思います。

新年度、スムーズなスタートを切るために全力で走っている方、少し力を抜いて自分の状態をみつめてみませんか?

五月病にならないために、自分を癒すこと、いたわることをやってあげてくださいね。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。