fbpx
2019.07.10:フリーペーパーVol.40発刊!

千葉ロッテ永野将司選手が公表した「広場恐怖症」とは?

場所により不安やパニックな症状になる、精神疾患の1つ

12日、千葉ロッテマリーンズに所属する、永野将司選手が「広場恐怖症」であることを公表しました。永野選手自身の Twitter でも公表しているこの広場恐怖症とは、一体どのような症状なのでしょうか?

逃げられない場所にいると不安や恐怖を感じる

「広場恐怖症」、永野選手が公表したことで僕も初めて聞いた精神疾患の1つです。
「広場」という名称なので、広い場所にいると恐怖を感じる疾患なのかな?と最初は思いました。

この疾患は、

「広場とは人の多い場所」

という意味であり、つまり公共の場所という意味です。

普段は何でもない状態なのに、人の多い場所にいると不安や恐怖、パニック発作を起こしてしまう疾患なのです。

場所を例えると、

・飛行機、電車、車などの交通機関に乗る

・お店、劇場、映画館などの密室な場所

・人の多い場所にいる

このように自分で逃げられないような場所にいると、不安や恐怖、発作、ましては死の恐怖すら感じてしまうのだそうです。

プロ野球選手は長距離移動が多い

プロ野球の世界では、長距離移動も多いのが当たり前です。

永野選手が所属する球団は、パ・リーグの千葉ロッテマリーンズ。

パ・リーグは、北は北海道日本ハムファイターズ、南は福岡ソフトバンクホークスと千葉から遠く離れた場所に球団があるので、ビジターで試合を行うには飛行機や新幹線に乗って移動することが多くなります。
移動時間も長いので、永野選手は「移動中は大丈夫なのか?」と心配に思ってしまいます。

そして、試合中でも球場には大勢の野球ファンが集まるから、広場恐怖症でピッチングに影響は出ないのか、とさらに心配に思うこともあります。

永野選手は大学時代から乗り物に乗れなくなりました。飛行機に乗ってしまったら出られなくなるのでは、という動揺が始まり、そのまま飛び降りて死んでしまうのではないか、という症状にもなったそうです。

千葉ロッテマリーンズの春季キャンプは石垣島で行います。永野選手も薬を飲みながら練習に参加しようとチャレンジしましたが、広場恐怖症の影響で石垣島キャンプを断念しました。

今はコーチからも戦力として評価されて、1軍で活躍できると期待されています。飛行機など長距離ではなく、関東周辺など近くの球場に行き、ロッテの大事な戦力左腕ピッチャーとして登板する予定です。

疾患に負けないで、大エースになってほしい!

自分が内部疾患である、何かしらの障害を抱えていることを告白するのは勇気がいると思います。

僕もクローン病という内部疾患の難病を抱えています。

クローン病は今は一生完治しない難病と言われています。僕はもう難病であることを受け止めているので、職場のみんなや友人に勇気を持って伝えたら、ものすごく理解してもらえたことが本当に嬉しかったのです。

永野選手はロッテ入団2年目で26歳。社会人1年目に広場恐怖症と診断されました。

永野選手も広場恐怖症だということを自身で受け止めたからこそ、球団関係者の方々やチームメイト、ファンの皆さんに広場恐怖症のことを告白しました。そしてみんなに理解してもらえたことで、今もプロ野球選手として頑張っています。

永野選手が打ち明けてくれた「広場恐怖症」。もっと多くの方に理解、認知してほしい疾患です。

疾患というハンデを持っていっても、プロ野球選手は成績、結果が全ての厳しい世界です。
球団が疾患のことを理解してくれていても、成績不振なら戦力外も覚悟しなければなりません。

広場恐怖症に負けることなく、治療して克服し、そして千葉ロッテマリーンズを優勝に導けるエースピッチャーになってほしいと応援しています。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。