fbpx
2019.08.10:フリーペーパーVol.41発刊!

血液検査は大事なこと。白血病について考える。

競泳女子の池江璃花子選手が白血病の診断を受けた

池江選手のTwitterでは、白血病の診断を受けたと発表しています。

『未だに混乱している状況。しっかり治療をすれば治る病気でもあります。』と語っていました。

白血病とは

白血病は2つに分かれます。慢性白血病と急性白血病があります。
慢性白血病の主な症状は、貧血、息切れ、発熱、リンパの腫れなどがあります。
急性白血病の主な症状は、初期では異常がなく、体重減少、夜の寝汗、リンパの腫れなどがあります。

血液細胞は、赤血球、白血球、血小板があり、これらを成熟途中の細胞ががん化します。

白血病の原因は

慢性だと、放射線や抗がん剤の科学物質が考えられます。急性は、ウイルスが原因で白血病を発症することがあります。

白血病の診断方法は

白血病の検査方法は、血液検査、脊髄検査をします。それから状態の確認。
脊髄検査は局所麻酔をするので最初はそこまで痛くないのですが、抜く時がとても痛いらしいです。(引っ張られるような痛み)

先日私も血液検査で白血球が多いと言われた

私は、通院先で血液検査を受けたのですが、白血球が多いと言われました。基準範囲は3.1〜8.4なのですが、私の場合9.9ありました。
違う病院でも白血球が多いと言われました。1.0〜になると要注意なので病院に行ったほうがいいか聞くと『そんなに心配はいらない』と言われましたが、やっぱり心配になります。

白血病の発症率が高い

白血病は年々増加傾向にあり、年間10万人当たり。
女性より、男性の方が多く、喫煙している人がなりやすいんだそうです。

白血病と言われたら亡くなると思っていた

前までは、白血病と言われたら、亡くなるという印象でしたが、今は科学治療などがあり、治る可能性が高い病気でもあります。
池江選手も、『必ず治す』といっていたので、病気なんかに負けずにしっかりと治療して元気な姿を見せてほしいです。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。