fbpx
2019.06.10:フリーペーパーVol.39発刊!

八嶋智人さんも知ってくれたクローン病と潰瘍性大腸炎

NHK Eテレで紹介されたクローン病と潰瘍性大腸炎

1月19日、NHK Eテレで20時〜20時45分に放送された、俳優の八嶋智人さんと女優の大和田美帆さんが司会を務める「チョイス@病気になったとき」で、難病「クローン病」と「潰瘍性大腸炎」が紹介されました。

潰瘍性大腸炎は比較的に認知度は高い方

番組冒頭、八嶋さんは、

「潰瘍性大腸炎は聞いたことあるけど、クローン病は聞いたことがなくて分からないです」

と話していました。
たしかに、潰瘍性大腸炎は「大腸」と病名に書いてあるので、知らない人でも、
「大腸の病気か、なにかなのかな?」
と思う人も多いかと思います。

クローン病と聞いて分かる?

次にクローン病と聞いて、消化器の病気と分かる人がたくさんいるでしょうか?
主に小腸や大腸に深い潰瘍を作るクローン病。認知度は昔に比べて高くはなりましたが、八嶋さんが言ったとおり、「聞いたことがなく、分からない」という意見が多いと思います。

または「クローン牛」とか「クローン人間」といったフレーズが先に思い浮かぶのではないでしょうか。

番組の内容

僕も20年以上クローン病を患っている1人です。「チョイス@病気になったとき」でクローン病と潰瘍性大腸炎が紹介されると知ったのは、Twitter で同じクローン病の方がツイートしてくれたことがきっかけでした。

下痢かと思ったら…

番組はお腹が痛くなりトイレに駆け込むシーンからスタートしました。まずは20代の女性の方が、お腹の調子が悪くなり、粘液便も赤く、心配になってネットで検索したところ「大腸癌かもしれない…」と分かり病院に行きました。内視鏡などの検査を受けて、女性の方は潰瘍性大腸炎であることが判明したのです。

潰瘍性大腸炎の方の紹介

次に潰瘍性大腸炎を患っている60代の男性が紹介されました。自宅で下血をしてしまい、ベッドで意識不明になりました。そして医者から、
「大腸を全摘出しないといけない」
と告げられたのです。

しかし、男性は大腸の全摘出は望んではいなく、白血球除去療法という治療をしたり、毎日5−アミノサリチル剤(ペンタサ、アサコール、サラゾピリン)などの治療薬を服用したことで、大腸を全摘出することなく、今でも元気に日常生活を過ごしています。

クローン病の方の紹介

次はクローン病を患っている30代の男性が紹介されました。10代〜20代に発症することが多いクローン病を大学生の頃に患い、男性は、将来の夢であった公務員を断念することになりました。

「食べていたものが食べられない…」

と苦痛な心境を話していた男性。ですが今は8週間に1回、抗TNA−α抗体製剤(レミケードなど)の点滴治療をしています。そして男性の奥さんが管理栄養士をされていて、お腹に負担をかけない料理を作り、食事のケアも考えているのです。

男性は点滴治療の効果と食事療法により、「病気が治ったんじゃないか」と思うぐらい元気に仕事をできるようになった姿が紹介されました。

クローン病や潰瘍性大腸炎がテレビで紹介されたこと

クローン病と潰瘍性大腸炎は、今でも原因不明の難病で、国の特定疾患に入っています。

なのにテレビで紹介されるということは滅多になくて、今回八嶋さんや大和田さんの番組「チョイス@病気になったとき」で紹介されたことが、クローン病を患っている僕も含め、同じ病気の方も嬉しかったのではないでしょうか。

痔や癌になることも

八嶋さんは、番組内で専門学の方に、
「腸が炎症して重症のままだと、どうなるのですか?」
と質問すると、
「約10年過ぎぐらいには、癌のリスクが増える恐れがあります」
と回答していました。

さらに八嶋さんは、肛門病変である痔瘻も経験したことがあったとも話していました。痔瘻は潰瘍性大腸炎には発症せず、クローン病によく発症する合併症の1つでもあります。

クローン病は潰瘍性大腸炎よりも腸に深い潰瘍を作るので、お尻にも瘻孔(ろうこう)と言って穴ができることも多く、痔の1番重い状態である「痔瘻(じろう)」にもなりやすいのが特徴です。

シートン法といったチューブをお尻に入れる治療などが行われることもあります。

専門学の方は、

「若い頃に痔瘻になったらお腹の病気の疑いがあるかもしれないから、病院で診てもらってください」

とお話しされていました。

僕もライターとしてクローン病の記事をたくさん書いてきました。そして専門学の方が話していた痔のことも記事にして書きました。

「もし若くして「痔」と診断されたら、クローン病を疑え…。」

です。こちらもぜひ読んでみてください。

45分という番組時間は何か物足りない感じもしましたが、20年以上クローン病と付き合ってきた僕も、改めて病気のことがよく勉強にもなったし理解もできて、良い番組内容でした。

まだ完治方法は分かりません。病気で将来のことが心配になります。
「仕事はできるのか、結婚はできるのか」
といった先のことも不安で色々と考えていかなくなったりと、ストレスを抱え込む人も多いのです。

芸能界の方々や、もっと多くの方々にクローン病と潰瘍性大腸炎のことを知ってもらいたいな! と番組を観て思いました。

個人的なことですが、僕は八嶋智人さんのファンで、出演するドラマやバラエティー番組はよく観ています。その八嶋さんがクローン病と潰瘍性大腸炎のことを番組で紹介して、より知ってくれたことが本当に嬉しかったです。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。