fbpx
2019.08.10:フリーペーパーVol.41発刊!

インフルエンザの基本対策と意外に汚いスマートフォン!

防ごう!インフルエンザ、手洗いうがい、睡眠、そしてスマホの除菌

今年も猛威的な勢いでインフルエンザが流行っています。基本的な予防対策は手洗いとうがいをしっかりとすること。外に出るときはマスクの着用。そして十分な睡眠を取ることが大事です。多くの方にとっての必需品であるスマホにもたくさんの菌が付着しており、除菌することも大切です。

お茶でうがいをする

外から帰ってきたら、手洗いとうがいをすること。うがいは水でもいいのですが、お茶でうがいをするともっと効果的なのだそうです。お茶には抗菌・抗ウイルス効果のあるカテキンが含まれており、インフルエンザウイルスの感染を抑える効果があります。

さらに、ポリフェノールの効果で新たに侵入するインフルエンザウイルスも防ぐこともできるので、お茶でうがいするのはインフルエンザ予防対策にはかかせない1番の方法です。

そして朝起きてからうがいをして、さらにマウスウォッシュもするともっと効果的です。

十分な睡眠をとること

そしてしっかりと睡眠をとることもインフルエンザ予防として大事なことです!

疲れ切った身体は抵抗力がものすごく落ちているので、無理をせずに十分な睡眠をとることが必要なので、夜ふかしなどをせずに早めに就寝するのがいいでしょう。

僕も会社で仕事をしているときに、
「今日はなんか疲れたなぁ…、調子悪いなぁ…」
と思うことがあります。

そのような場合は、無理をせずに休憩をはさみつつ仕事をして、帰りは寄り道などをせずに真っ直ぐ自宅に帰り、十分な休息をとるようにしています。

スマホや携帯電話の除菌

毎日使うスマホや携帯電話にも見えない細菌がたくさん付着しています。

手を使うことってたくさんありますね。

スマホを使う以外にも、家から出るときはドアノブを掴む、通勤時にバスや電車を使う方は手すりやつり革などを掴む方もいますし、車やバイクを使う方はハンドルを握ったりしますよね。

他にも手を抑えてくしゃみをすると、たくさんの唾が付着します。その手で色々なものを触ると、別の方が触れたら菌がうつる可能性も高くなり、風邪やインフルエンザの感染にもつながるのです。

手を洗わずそのままスマホを触っている方はたくさんいるでしょう。

タッチ画面はなんとトイレの便座ぐらい汚いとも噂されています。

頻繁に使うスマホは何回も手に持つことが多いからたくさんの細菌が付着するし、スマホに細菌を付着させないというのは、ほぼ無理かと思います。

対策としては、電源を切ってアルコール除菌のティッシュや除菌シートなどを使って拭き取るのが良いでしょう。

「いちいちスマホを拭き取るとか面倒くさい」

と思う方もいます。だけどこれも大切な風邪やインフルエンザ感染の予防対策です。

全国で猛威となっているインフルエンザ。皆さんもこの時期は予防対策を徹底的に!  他人事ではなく、少しでも体調が悪いと感じたら休むこと。そして病院に行って診てもらうようにしましょう!

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。