fbpx
2019.09.10:フリーペーパーVol.42発刊!

多彩な新型iPhone、その魅力と気をつけて置くべきこと

iPhone XS、iPhone XS MAX、iPhone XR、特徴まとめ

2018年に発表された新型iPhoneですが、上記3機種になります。
正直、機種名だけではさっぱり違いがわからないと思うのですが、みなさんいかがでしょう?

ここでは3機種の特徴を簡単にまとめ、スペックを中心に吟味してみます。

スタンダード新型iPhone、それがXS

iPhone XSはXを継承した2018年型のiPhoneになります。
新たに512GBのモデルが追加され、4K動画やハイレゾ音源など、容量を圧迫してしまうコンテンツに対応しています。

プロセッサはXのA11 BionicチップからXSのA12 Bionicへとクラスアップしています。

その他防水機能の強化などが見られたりもしますが、大きな変化はこのような感じになっております。

大画面が魅力的なiPhone、それがXS MAX

XS MAXにおいてまず語るべきはディスプレイの大きさです。
XSが5.8インチであるのに対し、XS MAXは6.5インチになります。

さらに、解像度も異なり、XSは2,436×1,125pxですが、XS MAXは2,688×1,242pxとなっています。

それ以外に関しては大きな変更点はありません。

多彩なカラーバリエーションを誇るiPhone、それがXR

XRで語るべきはそのカラーバリエーションの多さです。
ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、プロダクトレッドの6種類から選択できます。

ただし、XRはXS、XS MAXに比べるとスペックダウンしている感は否めません。

プロセッサこそXS、XS MAXと同じA12 Bionicチップですが、RAMが3G、容量は256GBまでとなっています。
ディスプレイも液晶で、XS、XS MAXの有機ELとは表現方法が異なります。

中身より外観。
おしゃれにiPhoneを楽しみたい方には最適なのではないでしょうか。

iPhoneならプリペイドカード、クレカ決済には相変わらず向いていません

iPhoneユーザーでゲーム等に課金する方は経験したことあるかもしれませんが、iPhoneの決済にて「購入を完了できませんでした。」の文言を提示されキャンセルされてしまうという事態。
メール対応は最大72時間くださいと言っており、「時間かかりすぎ」と思われた方も多いかと思われます。

この問題に対する最適な解決方法は決済手段をプリペイドカード、いわゆるiTunesカードにするという選択ですが、店舗に足を運ぶのは結構大変ではないかと思います。

AndroidからiPhoneにチェンジしようか検討されている課金ユーザーの方は、慎重に判断された方が良いかと思われます。

このような問題はハードの進化とは別問題です。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。