fbpx
2019.04.10:フリーペーパーVol.37発刊!

秋の深まりに夏の思い出「夏の南さつま市、半端ないツアー2018」

南さつま市観光協会主催のバスツアーに参加してきました!

めっきり秋の気配が深まった、この季節。
食べ物が美味しかったり、紅葉狩りと楽しみは数あれと、今回ソレらは頭の引き出しに仕舞い込んでください。
季節は巻き戻って、夏の1日のお話です。

まだ太陽がジリジリと燃えていた、8月の終わり。「夏の南さつま市、半端ない!ツアー」に参加し、南さつま市まで行ってきました!
南さつま市までは、以前ひふみよでもご紹介した、GSE南薩観光さんのリフト付き大型バスに乗って向かいました。

車椅子最大6台!GSE南薩観光の新型観光バス車両を取材! | より良い社会を目指すメディア HIFUMIYO TIMES

車窓が広いので、低身長の自分でも景色を楽しめるのが嬉しいところ♪(いつもはバスや車に乗ると、窓の外は空の世界しか映りません。)
ガイドさんによるお話や歌も楽しみながら、広々とした車内でゆったり気分のなか、目的地まであっという間でした。

青い空!白い雲!海を楽しむ☆坊津B&G海洋センター

まず向かった先は、坊津B&G海洋センターでした。
目の前に広がるのは、エメラルドブルーに輝いたプライベートビーチ!
道中、車窓から見えた海にテンションが上がっていましたが、いざ目の前にすると、なんて綺麗なこと!
そこでは波打ち際ギリギリまで入れる、砂浜用車いす「ランディーズ」に乗って海を満喫しました☆
電動車いすは水が大敵なので、海を楽しめたのは子どもの頃以来。波打ち際でキラキラ光る石や貝殻を眺めたり、久し振りに波が打ち寄せる姿を間近で見られて楽しかったです。

※クリックすると拡大されます

ココでは「ランディーズ」の他にも、水陸両用車いす「チェアボート」も体験できます。
沖までプカプカと浮かびながら楽しんでいる様子に、わたしも着替えを持って来れば良かった!と、後から後悔しました。

「チェアボート」は、九州では福岡と奄美、そして坊津でしか扱っていないそう。
海水浴を諦めている車いすユーザーはたくさんいらっしゃると思うので、もっと広まりますように。車いすユーザーだけでなく、水に入るのが苦手な大人や子どもも楽しめるのでオススメですよ♪
おまけに1時間の利用料で、たったの210円!こんなに楽しめるのに、このお値段で良いのでしょうか(;;)
6月~9月の間は開いているとのことなので、来年の夏は要チェックですよー!

美味しいお料理と若女将のお話を満喫☆松屋旅館

海で遊んだ後は、松屋旅館でお食事を堪能しました(*´﹃`*)
南さつま市の特産品をふんだんに使ったお料理は、どれも美味しかったです!

松屋旅館は1階をリフォームされたばかりだそうで、バリアフリートイレが2つあるのも嬉しいところ。
入り口もスロープが設置されており、車椅子でも楽々入れました!

手動車椅子ならタイヤカバーも常備されているみたいで、外からの汚れを気にせず動き回れるのは嬉しいところ。
家族風呂なら車椅子でも入れるそうで、是非いつか泊まってみたいです。
若女将さんはソムリエの資格も持っていらっしゃるそうで。話し上手な若女将さんとの会話とワインと共に、美味しいお料理を舌鼓!というのも良いかもしれません。

鹿児島といえばコレ☆地場焼酎蔵・萬世酒造

その後は、地場焼酎蔵・萬世酒造を見学しました。

和洋折衷なものに弱い自分は、モダンな造りの建物にテンションアップ☆
鹿児島県民には馴染みの深い焼酎ですが、製造過程を見るのは初めてでした。
細かな作業工程を分かりやすく説明してくださり、2階にまで到達しそうな巨大な装置に心躍りながら、楽しく見学できました。
けれど、まだまだ残暑厳しかったこの日。エアコンの無い工場内は思ったより暑かったです。夏は暑く、冬は寒い。厳しい環境で作られている焼酎に、お酒が呑めない自分が勿体なく感じました。
館内には試飲コーナーがあり、色々な焼酎の味が楽しめます。お酒が呑めない人には金柑サイダーがオススメですよ。

平和に思いを馳せる☆万世特攻平和記念館

最後は、万世特攻平和記念館へ。
鹿児島に住んでいながら、初めて行った平和記念館。知覧の記念館は知っていたのですが、恥ずかしながら加世田にもあることは今回初めて知りました。
館内は、主に10代で命を落とされた特攻隊の方々の写真や遺書、遺品が展示されており、入った瞬間の張り詰めた空気にハッとさせられました。
写真に写る、あどけなさの残る表情と、手紙に綴られた家族や大切な方への思いに、改めて平和の有り難さを痛感。今回は時間が限られていましたが、また機会があればじっくりと拝見したいです。
屋内に出た瞬間、空には大きな虹がかかっておりました!その虹をぐぐって、帰路へ。

8月最後の日に、夏を満喫できて楽しかったです(*ˊᵕˋ*)
前日には、スタッフの方々が坊津B&G海洋センターまでの大きな道路にかかる木の剪定、小石を取り除いてくださったそうです。細かい部分でも意見を聞いてくださり、そのお心遣いが嬉しく思いました。
主催してくださった南さつま市観光協会鹿児島県旅行業協同組合 ふた旅魅旅さん、リフト付きバスを導入されたGSE南薩観光さん。本当にありがとうございました!

お土産も、たくさんいただきました♪


今回は夏の南さつま市でしたが、他の季節にも行ってみたいです!
今の時期は、紅葉も綺麗そう♪

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。

1 Comment

車椅子ユーザーと外出介助のプロが巡る、美山の体験型ツアー(2) | より良い社会を目指すメディア HIFUMIYO TIMES

[…] 万世特攻平和祈念館には、南さつま市のツアーの際にも訪れました。 「ツアー体験から鹿児島のユニバーサルツーリズムを考える」 「南さつま市のバスツアーを体験!電動車椅子ユーザーのレポ」 「秋の深まりに夏の思い出『夏の南さつま市、半端ないツアー2018』」 […]

現在コメントは受け付けておりません。