アドラーの心理学。

普段あまり書店へ足を運ばない方も知っている人は多いでしょう。

そう、アドラーといえば青色の表紙が印象的な「嫌われる勇気」。

19世紀の精神科医アルフレッド・アドラーの思想を現代人にもわかりやすく紹介している良著です。

アドラーは「対人関係から解放されれば、すべての悩みを消すことができる」と、人間の悩みの全てはシンプルに”対人関係”であると断言しています。

「褒められたい、認めてもらいたい、共有したい…」

このような感情は、「自分にしか関心が向いていない自己中心的な考え」であり、「人から承認を得るのではなく、他の人を信頼し、貢献することこそ大切」と訴えるアドラー。

「他者は、あなたの期待を満たすために生きているのではない」

この言葉にハッとしたと話す読者も多く、130部のベストセラーとなっているだけあって、きっと何かしら考えさせられる一冊になるのでは?…と、思う反面「そんな簡単に認められたら苦労はしねーよ!」とアドラー意見に対し難色を示す人も多そうだなぁと感じました。

だってこのアドラーの考えって身体的にも精神的にも「健康である人」が前提のように思えて仕方がないのです…。

うーむ。

やはりここにも「合理的配慮」の必要性が潜んでいるような気が…?

「他者は、あなたの期待を満たすために生きているのではない」 アドラー「嫌われる勇気」の正しい理解5月24日の「おはよう日本」(NHK総合)では、19世紀の精神科医アルフレッド・アドラーの心理学を特集していました。彼の思想を紹介した「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社刊)は、現在130万部のベストセラーになっています。彼…blogos.com

via:BLOGOS