fbpx
2018.8.10:フリーペーパーVol.29発刊!

「快適さ」に特化した完全独立型イヤホン Litexim「TW-30 Aerobuds」

近年進化の著しいイヤホン。
最近では、アップルから発売された通称「うどんイヤホン」こと「Apple AirPods」のような、イヤホン間のケーブルすら無くなってしまった完全独立型イヤホンの登場には驚くばかりです。

今回は、Liteximから発表された完全独立型のBluetoothイヤホン「TW-30 Aerobuds」を紹介します。
個人的にも初体験となる完全独立型のイヤホン。
どんなものか早速見ていきます。

パッケージデザイン

パッケージはコチラ、シンプルな白い縦長の箱にイヤホンの写真が載ったデザインです。
開封してみると、英語で書かれたクイックガイドの用紙が1枚入っています。
その薄いガイドの下に、本品が入ったケース、イヤーピースなど付属品が納められた箱が入っています。

付属品の紹介

付属品は以下になります。
・イヤホン(Mサイズのイヤーピースとイヤーフックが装着されています)
・イヤホンケース
・イヤーピース(Sサイズ、Lサイズ)
・イヤーフック(Sサイズ、Lサイズ)
・充電用USBケーブル
・説明書(英語、日本語、オランダ語、フランス語)
・カスタマーサポートの連絡先

dsc_0235

イヤホンは、このような形状です。
使用前に、赤丸を付けたところに小さなフィルムが貼り付けられています。
コレを剥がさないとうまく充電が出来ないので、必ず剥がしましょう。
かなり小さくて気づきにくいので、気を付けてください。

イヤホンケースはこちら。
イヤホンを入れる場所が磁石式になっており、イヤホン装填すると自動的に充電してくれます。
これでイヤホンを失くすリスクが減るでしょう。

サイズもさほど大きくなく、ポケットに入るコンパクトサイズで、持ち運びには申し分ありません。

装着感

イヤホン自体がとても軽く、装着時の違和感をそこまで感じません。
私の耳には、最初から付いていたサイズのイヤーピースとイヤーフックがちょうど良く、走ったりなど、多少の激しい動きをしても、途中で取れてしまう事はありませんでした。

また完全独立型なので、これまでの有線タイプのイヤホンでありがちだった「誤ってコードを引っかけて、中の線が切れてしまい片側が聴こえなくなる」と言うようなリスクが、全く無いのは安心です。

今コレを書いている時期は、まだなかなか安定しない気候のせいで、コートなどの上着を脱ぎ着する機会が多い季節です。
これまでなら、その度にイヤホンを外す必要があったのですが、コードも何も無いので、付けたままの脱ぎ着が可能なのは非常にありがたいです。

ボタン操作方法と操作性

ボタン操作は以下のとおりです
〜通話中〜
着信を応答/終了 MFBボタンを一回押す
着信を拒否 MFBボタンを二回押す
*注:通話中、メイン機(右)のみ声が聞こえます。

〜音楽再生中〜
再生/一時停止 MFBボタンを一回押す
次の曲 MFBボタンを二回押す

音量は本体側から調節しないといけませんが、耳元である程度の操作は可能です。

側面全体がボタンなのは、押しやすさという点ではとても良いのですが、イヤホンの位置を直す際にどうしてボタンに触ってしまい、その度に音楽が止まってしまいます。
正直もうひと回り小さい方が、個人的には使いやすいと感じました。

音質

アコースティックモノなど、音数の少ないシンプルな楽曲を聴く際、ホワイトノイズが聴こえてきます。
個人的にはそこまで気になりませんが、聴く人によってはコレが気になってしまう方もいるかもしれません。
それを除くと音質自体は良好です。
極端なクセもなくバランスの取れた音を提供してくれます。

通話時の音質等

通話は問題なくクリアに聞き取れます。
通話時は安全上の問題により、右耳のみ音声が聴こえる仕様になっています。
個人的な好みとしては、両耳から聴こえてくれたほうがありがたかったのですが、これなら車の運転時のハンズフリーマイクとして安心して使えるでしょう。

バッテリー

イヤホン単体のバッテリーは、連続再生で約3時間ぐらいです。
普段使いには問題ない容量ですが、欲を言えばもう少しバッテリーが持ってくれると、個人的にはありがたいです。

しかし、イヤホンケース側には500mAhのバッテリー容量があります。
一度USBケーブル経由で充電してしまえば、しばらくは充電する必要がない程度の容量を確保しているので、そこは安心です。

実際使ってみての総評

快適に使う」という点では非常に優れています。
非常に軽くつけ心地のよいイヤホン、充電機能も兼ね備えコンパクトに持ち運べるイヤホンケースも非常に良いです。
ホワイトノイズが乗ってしまうのが少々難点ですが、バランスの良い音質で音楽を聴くことができます。

また、この手の完全独立型イヤホンの欠点のひとつである「音切れ」
モノによっては、ちょっとしたことですぐに音が飛んでしまう事があるようですが、このイヤホンはほとんど切れることはありません。

通勤や運動などで快適に使いたい方にはLitexim「TW-30 Aerobuds」は、非常に打ってつけのイヤホンです。

Litexim「TW-30 Aerobuds」
http://amzn.asia/hQS4d2w