2018年平昌パラリンピックを経由し2020年東京パラリンピックまで、2016年から開始している5年にわたるIPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWによる共同プロジェクト、障害者アスリートを特集するWHO I AMシーズン210月29日から始まります。

シーズン2開始を目前に、再放送が予定されている昨年シーズン1で特集されたパラアスリートについておさらいします。

今日はその3日目。

放送日
10/30(月)WOWOWプライム
午前3:30 マールー・ファン・ライン(オランダ/陸上)
午前4:25 国枝慎吾(日本/車いすテニス)

マールー・ファン・ライン(オランダ/陸上)

史上最速のブレード女王、マールー・ファン・ライン選手。2010年12月、初めて競技用義足(ブレード)で走った…とても不思議な感覚。その1年9ヶ月後、彼女は、ロンドンパラリンピックでゴールドメダリストになります。そして…4年後のリオでも。彼女の強さの秘密はどこにあるのでしょうか?

WHO I AM マールー・ファン・ライン。風を切るその瞬間に感じる「最高」と「最悪」

国枝慎吾(日本/車いすテニス)

1つのショットを習得するには「3万球」…試合中「自分はNo.1だ!」と信じられるような努力を国枝慎吾選手は続けています。それとともに、どん底でも牙を向くメンタルも持ち合わせている…だからこそ彼は強い…史上最強のプロ車いすプレーヤーと呼ばれています。

※ 世界が注目の「車いすテニス」3連覇を目指す、国枝慎吾選手とは?

シーズン2を思いっきり楽しむために、昨年放送のシーズン1もぜひお見逃しなく!

via:WOWOW