アメリカはカリフォルニア州サンディエゴ出身のインストゥルメンタルストーナーロックバンド Earthless が ヘヴィメタル名門レーベル Nuclear Blast と契約を発表しました!来年2018年早々にアルバムも発表すると言う嬉しいニュースも入ってきています!

 

2016年に同郷のストーナーロックバンド Harsh TokeとのスプリットEP 以来約1年ぶり。
アルバムとしては2013年発表の「From The Ages」以来、実に5年ぶりのアルバム!ドゥーム、ストーナーや6.70年代のレトロなスタイルのハードロックやサイケデリックロックバンドを中心に取り扱っていた古巣のTee Pee Recordsからの今回のレーベル移籍はサウンド面に影響が出るのかも気になるところですが、Earthless と同じく、Tee Pee RecordsからNerclear Blast へと移籍したドイツのハードロックバンド Kadaver も移籍後も変わること無く、6.70年代の古き良き時代のハードロックを演っています。

なのでEarthlessも基本はこれまで通り変わりなく、1曲10分越えの長尺のジャムセッションで構成されていくテンションの高い楽曲で楽しませてくれることと思いますが、前回のアルバム以降に発表されたEPやコンピレーション盤で演ってきた、これまでのスタイルとは異なるタイプの楽曲が今回のアルバムどう反映されるのかも気になります。

こちらは企画コンピに参加した際の1曲。バンド初のヴォーカル入りのオリジナル楽曲でした。

こちらは2015年発表のスプリット音源の曲、Led Zeppelinのアルバムの最後に入ってそうな非常にシンプルな楽曲でした。

今回のレーベル移籍で、来年以降彼らが海外の大型ライブフェスティバルに出演しているかもしれなかったり、まさかの日本盤発売や2度目となる来日公演の実現もあるのではないしょうか。
いずれにせよ私は来年、彼らの新作を聴くまでは死ねません(笑)