広島県代表、広陵高校が準決勝で天理高校12対9で破り、決勝進出を決めました。

9回裏の攻防

9回裏、12対6で追いかける天理は、満塁からヒットとフォアボールで3点を追加し12対9まで追い上げたもののここまで。広島の広陵が明日の決勝戦へと駒を進めました。

広陵の代表選手

広陵高校からは、広島の野村投手、巨人の小林捕手、阪神の金本監督などを輩出しています。このあと行われる準決勝第2試合、埼玉県代表の花咲徳栄と西東京代表の東海大菅生の勝利校と決勝戦を戦うこととなりました。