1945年8月15日正午、昭和天皇の終戦時の玉音放送ですが、昭和天皇が日本人に呼びかけていた事を知っていますか?玉音放送の本当の意味を記事にした物を見て初めて本当の意味を私は理解しました。
これからは学校でも本当の意味を語り継いでいくべきだと思いました。

玉音放送とは。

玉音放送とは天皇の肉声(玉音)を放送する事。

1945年(昭和20年)8月15日正午に、日本で唯一の放送局だった社団法人NHK(日本放送協会)(現在のNHKラジオ第1放送)から放送された、昭和天皇による終戦の詔書(大東亜戦争終結ノ詔書)の音読放送を指すことが多い。

この放送は、太平洋戦争(大東亜戦争)における日本の降伏を日本国民に伝えるもので、日本ではこの玉音放送のあった8月15日を終戦の日あるいは終戦記念日と呼び、以後毎年のように、日本政府主催で全国戦没者追悼式を行い、正午に黙祷を行うのが通例となっていると、記されている。

昭和天皇が玉音放送で伝えた本当の事。

メディアでは
「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」
の部分ばかり流していますよね。

しかし、他の部分は日本人でも分からない様な文言です。
なので一回聞いたくらいでは訳が分かりません。

このラジオ放送のフルバージョンを聞いた事がある人は少ないと言われています。
昭和天皇の玉音放送の本当の意味は「敗戦」でも「降伏」でもありません。

そんな言葉はどこにもありません。

本当の意味は日本とアジアの共存共栄を願って戦ってきたが、向こうは原爆のようなとんでもない兵器を使いやがった。

しょうがないから一時ポツダム宣言を受け入れ「戦闘を終了」する。
と言ってるだけです。

そのため、今でも終戦記念日なのです。

昭和天皇の玉音放送の日本語訳

『私は深く世界の大勢と日本の現状について考え、非常の手段によってこの事態を収拾しようと思い、忠義で善良なあなた方臣民に告げる。

私は帝国政府に米国、英国、中国、ソ連に対してポツダム宣言を受け入れる事を通告せしめた。
そもそも日本国民の安全を確保し、世界の国々と共に栄え、その喜びを共にする事は私の祖先から行ってきた事であって私もその様に努めてきた。

先に、米国・英国二国に宣戦を布告したのも、我が帝国の自立と東亜の安定を願っての物であって、他国の主権を侵害したり領土を侵犯したりする様な事はもちろん私の意志ではない。

しかしながら、戦闘状態はすでに四年を越え私の陸海将兵の勇敢な戦闘や私の官僚・公務員たちの勤勉な働き、私の一億国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにも関わらず、戦争における状況はよくならず、世界の情勢も我々には不利に働いている。

それだけではない。

敵は新たに残虐な爆弾を使用して、何の罪もない多くの非戦闘員を殺傷し、その被害はまったく図り知れない。

それでもなお戦争を継続すれば最終的には日本民族の滅亡を招き、そして人類文明おも破壊する事になってしまうだろう。
そのような事態になったとしたら、私はどうしてわが子とも言える多くの国民を保ち、先祖の霊に謝罪する事が出来ようか。

これこそが政府にポツダム宣言に応じる様にさせた理由である。

私は日本と共に終始東亜の植民地解放に協力した友好国に対して、遺憾の意を表さざるを得ない。

帝国臣民にして戦場で没し、職場で殉職し、悲惨な最期を遂げた者、またその遺族の事を考えると体中が引き裂かれる思いがする。

さらに戦場で負傷し、戦禍にあい、家や職場を失った者の厚生については私が深く心配する所である。

思うに、これから日本の受けるであろう苦難は大変な物になる。
国民たちの負けたくないという気持ちも私はよく知っている。

しかし、私はこれから耐え難いことを耐え、忍び難いことを忍んで将来のために平和を実現しようと思う。

私は、ここにこうして国体を守り、忠義で善良なあなた方臣民の真心を信頼し、そして、いつもあなた方臣民と共にある。

もし、感情的になって争い事をしたり、同胞同士がいがみあって、国家を混乱に陥らせて、世界から信用を失う様な事を私は強く懸念している。

国を挙げて一つの家族のように団結し子孫共々、固く神国日本の不滅を信じ、道は遠く責任は重大である事を自覚し、総力を将来の建設のために傾け、道義心と志操を固く持ち、日本の栄光を再び輝かせる様、世界の動きに遅れない様に努めなさい。

あなた方臣民は私の気持ちを理解し、そのようにしてほしい。

天皇の署名と印璽(いんじ) 昭和二十年八月十四日』

この文章を読み、私は胸を打たれました。

昭和天皇は日本国を愛し、日本国民を我が子の様に愛され思っていらした事を。
日本国民としてとても嬉しい事です。

そして、戦争で命を亡くされた方の事を思い、そのご家族の事まで考えていらっしゃったんですね。

今までの放送だけでは理解出来なかった事が全文読んでみて明らかになりました。

これからも天皇ご一家が思い、考えてきた事を尊重し、日本国民として誇りに思います。

昭和天皇の玉音放送の本当の意味…本当は敗戦でも降伏でもなかった… | kwskライフ昭和天皇の玉音放送の本当の意味… 本当は敗戦でも降伏でもなかった…kwsklife.com

via:kwskライフ

玉音放送 – Wikipediaja.wikipedia.org

via:ウィキペディア