日本で障害者差別解消法が施行されて1年が経った。

その27年前の1990年。

アメリカは世界で初めて、障害による差別を禁止する法律「障害を持つアメリカ人法(ADA)」を制定している。

「ADA27 LEAD ON! YOUTH PROJECT」とは?

障害者自立運動の先進国であるアメリカ。

そのアメリカに日本の当事者が自ら企画して足を運び、制度や意識を学ぶプロジェクトが進んでいる。

その名も「ADA27 LEAD ON! YOUTH PROJECT」!

メンバーはこの夏、渡米予定だ。

川崎 良太さんに聞く、アメリカで経験したいこと、伝えたいこと。

渡米の大きな目的は7月23日〜27日に行われる、グローバルILサミットと全米自立生活センター協議会主催カンファレンスに出席することだ。

実際に最先端のバリアフリー事情を体感し、世界各国の障害者と交流して意見交換をすることで、次世代のリーダー育成を目指す。

このプロジェクトに参加し、NPO法人 自立生活センターてくてくで働く川崎 良太さんに話を伺った。

「アメリカではよく『人間になれる』と聞きます。バリアフリーが進んでいるのもそうですが、人が対等に接してくれるというのを体感したいです。スタジアム等、世界的なバリアフリーも見てみたいです。」

「アメリカへ行き、相模原の事件を二度と繰り返させないことを世界的にアピールしたいと思っています。」

2017/06/06|ADA27 LEAD ON! YOUTH PROJECT 実行委員ブログりょうちんです!ジャパンギビングというサイトに載せている想いを転送させて頂きます「インクルーシブ」最近よく耳にする言葉ですねこんばんは!りょーちんですインクル…ameblo.jp

障害の有無に関わらず、当たり前に地域で暮らせる社会を目指して

だが、渡米するために克服しなくてはいけないことがある。

費用の問題だ。

通常、介助者を要する旅行は障害者が介助者分の費用を負担する。

それに加えて、酸素ボンベや呼吸器が必要な障害者はレンタル料もプラスされ、健常者の約3倍もの費用が必要となる。

現在、プロジェクトではクラウドファンディングや口座振り込みにて、渡航費の寄付を募っている。

・クラウドファンディング https://japangiving.jp/campaigns/32953
・口座振込(ゆうちょ銀行)
 店名:〇一八(ゼロイチハチ) 普通預金5986520
 名義:LEAD ON! Project実行委員会

この費用は金銭面の問題だけではない。

当事者、介助者ともに精神的な負担も軽減される。

ちなみに、クラウドファンディングにはこんなギフトもw

最高!

 

「人間になれる」。

川崎さんが話した、この言葉が胸に残る。

なぜ、自分は当たり前と言われることができないのか。

なぜ、周りは自分にだけ口調を変え、同じように扱ってくれないのか。

自分自身もそこに甘えていたところがあるが、それが長い間わたしの当たり前でもあった。

経験は必ず力になる

わたしはこのプロジェクトを見届けたい!

このプロジェクトは障害者に限らず、今と未来を変える大きなきっかけになると感じている。

公式サイト:https://gracebaske8.wixsite.com/mysite
ブログ:http://ameblo.jp/ada27leadon
Facebook:http://urx.red/EenF
Twitter:https://twitter.com/ada27youth