title11continue11あなたは、なにを基準として、「今この人はこちらに向けて話している」と判断しているのでしょうか。

「周りに他に誰もいない」場合、判断は簡単に思えますが、「その人のひとりごと」という可能性は存在しています。

「周りに他にも人がいる」場合、たとえ「これはひとりごとではない」という判断がついたとしても、「ここにいる誰に向けて言っているのか」は判別できないかもしれません。

世の誰しもが「周りの人物がいつどういうふうに誰に対しての動きを起こすのか」に自然とアンテナを張っているわけではないのです。

そこで、「話しかける前」に「名前で呼びかける」ということをしておけば、「誰に向けて言っているのか」がはっきりします。

「名前で呼びかけ、返事があった後」にメインの話を始めれば、「聞いてなかった」「こっちに言ってたの?」という事態が起こることは減るはずです。

「話しかける側」が「話しかけられる側」のことを考慮して話し始めることが望ましいのです。