最近のニュースで、女優の清水富美加さんが【幸福の科学】へ出家して芸能界を引退しました。そこで、日本人が持つ宗教ってどんなイメージか考えていきたいと思います。

日本の宗教団体はどれだけあるのか?

【幸福の科学】【創価学会】【立正佼成会】【顕正会】【霊友会】【佛所護念会教団】【天理教】【パーフェクトリバティー教団】【ものみの塔聖書冊子協会】など日本の宗教団体は結構な数で18万2000という数です!!とてもじゃないけど覚えきれません(汗)

日本人は宗教についてどう思うのか?

90年代にあった【オウム真理教】が犯行した地下鉄サリン事件。あれを境に日本人は宗教は怖いと思っている様です。私もオウム真理教について調べてみましたが、麻原彰晃という信者にとっては【尊師】が信者を部屋に隔離し、ずっとBGM的なものを流して洗脳させたと言います。オウム真理教は教団の部屋から出さず自由を失わせていた様にも思われます。私の周りにも宗教団体に入っている人がたくさんいます。しかし、一方では宗教への勧誘がすごいと聞いたりもします。宗教に入ってない人から見るとあまりいい印象ではない様です。

私の宗教に対するイメージ

日本人は宗教に興味がないのかなと思っていましたが、疑問を探していく内に18万の宗教団体がありビックリしました。宗教を悪く言う人もいます。あの人は『洗脳されている』などそういう攻撃的な言葉を言う人もいますが、人が決めたことに文句を言うことはよくはありませんね。でも宗教は宗教。仕事は仕事。とちゃんと区別をつけることが大事なんだと思います。

清水富美加さんは仕事を放棄して、【幸福の科学】への出家をしたと言われています。確かに与えられた責任ある仕事を放棄しては、人としてNGなのでしょう。ただ、出家に至る背景も真実は本人のみぞ知る。宗教は個人の勝手ですが、迷惑な行為が公になることでまたイメージが下がっていくのではないかと思います。

宗教はうさんくさいのか?サリン事件を境に批判的になった人も – エキサイトニュース(2/2)(©ぱくたそ)清水富美加(千眼美子)が『幸福の科学』に出家をしたのは、記憶に新しいところ。そこでしらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,363名に「宗教について」の調査を実施した。その結果、全体…(2/2)www.excite.co.jp

via:エキサイトニュース