コンサートやライブ前に開場前に必ず持ち物検査があります。何が入っているのか、カメラや凶器などは入っていないのか等をチェックします。

コンサートやライブ前の持ち物検査は実際どうなのか?

実際はカバンの中身を細かく見るわけではなく、カバンにパッと見たり手を入れたりして終わりです。内心、荷物が多い時は『このカバンとあのカバン開けるの面倒くさ〜い』と思いながら持ち物検査に参加しています(笑)

しかしこの持ち物検査の緩さで色々事件が

先日、アニメソングのコンサートで客席からゴ◯ブリ30匹を撒き散らして逮捕された人がいました。同会場でゴ◯ブリが販売されていたようでそこで購入しばらまいたかと思われます。もう考えただけで恐ろしいです!!というか私ならパニック起こします(汗)以前はAKBの握手会でメンバーの2人がファンの人にナイフを突きつけられ怪我をしました。それからはAKBの握手会では持ち物検査が厳しくなっています。

もっと持ち物検査を厳しく出来ないのか

以前某アイドルグループの持ち物検査でうちわの規制がかかり(公式うちわの規則外の文字や飾りなど)で係員とファンが揉めたりしていました。『その飾りを取ることと、規格外の文字はハサミで切ってください。会場には持ち込めません。』とのこと。確かに規格外のうちわは邪魔です。最近はどのアイドルグループでも多く見られます。それと盗撮と盗聴。これも後を絶ちません。音楽の著作権を管理する団体『JASRAC』に聞くと密録(盗撮、盗聴)は個人的に楽しむのだと法律違反にはならないようです。しかし、以前某アーティストのファンミーティングに行った時に私の席の後ろの人が盗撮していました。スタッフに連れて行かれていました( ;´Д`)やれやれ・・・。

アリーナ規模だと持ち物検査は厳しく出来そうな気もしますが、ドーム規模となるとスタッフも大変な気がします。しかし、こういう事件を起こさないためにも持ち物検査は厳しくしていきたいなと考えています。