私は以前、未就学児から小学生を中心に、難病患者として特別な病棟への入院を余儀なくされたお子さんたちへの学習支援をしていたことがあります。

彼らは勉強が特に好きというわけではありませんでしたが、何かを達成する満足を得たいのだという気持ちは伝わってきました。

しかし、ボランティアでたまに訪れる私たちには彼らを満足させることはできなかったのです。

子どもたちの好きなこと嫌いなこと

子どもたちは、勉強が嫌いです。遊ぶことが好きで、大人など自分より年長のお兄さんお姉さんに遊んでもらったり認めてもらうことで嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

私は、当時まだ小学校では正規の科目ではなかった外国語教育として、主に英語を教えていました。

教材選びに頭を悩ませるなかで見つけた、CDで歌ったり踊ったりしながらリズムに乗る学習、つまりお遊戯が、やはり子どもは好きなんだなと思い知らされました。

子どもたちに必要なこと

学習の遅れを取り戻すことのできる、プロの指導員が必要です。ボランティアである僕たちは、たまの訪問だけなので継続的に彼らの学習を見てあげることはできません。

さらに、ほめてあげる人、悩みを継続的に聞いてあげられる両親に代わる人も必要です。疾病の種類によっては、自分の両親とすら、いつも一緒にいることができない患者さんもいました。

子どもたちに助成してほしいこと

指導員を適正な人件費で雇用することのできる雇用システム、人件費の予算充実が優秀な人材の確保を達成し、子どもたちの満足につながります。さらに、昨今多くの小学校などでも取り入れているタブレットによる授業にも対応できるよう、1人1台のタブレットまたはノートパソコン、そしてそのようなガジェットを使用して指導ができる指導員も必要です。子どもたちに学校と同じ環境で継続的に学習を指導する必要があります。

心のケアを継続しながら遊びと学習の両面をサポートできる専門の指導員を正規の職員として雇用することが重要です。

人材面に加えて教材においても、体力のない難病患者の児童でも楽しめるマテリアルを、指導員が試行錯誤しながら選択できる潤沢な予算をかけなければなりません。

さらに現在の教育事情を踏まえ、タブレット授業やPCを活用した授業も、それらの操作に熟達した指導員のもとに行う必要があるでしょう。

子どもの難病助成、14疾患追加へ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞) 厚生労働省の子どもの難病に関する専門委員会は28日、医療費助成の対象となる「小児慢性特定疾病」として14疾患の追加を了承した。  早ければ来年4月から助成が始まる。すでに類似する別の疾患に含む形で助成対象になっていた4…yomidr.yomiuri.co.jp

via:YOMIURI ONLINE

難病と小児慢性特定疾病にかかる医療費助成が変わりました!:政府広報オンライン難病や子供の慢性疾患に対する医療費助成の制度が、平成27年1月から変わりました。医療費の助成を受けられる「難病」「小児慢性特定疾病」の対象が拡大され、これまで医療費助成を受けられなかった病気の方も、医療費助成を受けられる…www.gov-online.go.jp

via:政府広報オンライン