寒い〜冬…心を満たすのはに新発売のお菓子の数々。甘いもの好きにとっては想像しただけでも胸踊ります!甘いものでストレスを発散なんて思い、久々に体重計に乗ったら「…..!!」と目を伏せたくなるという経験はないでしょうか?

実は「冷え」=甘いを欲っするのは関係があるのです

「冷えを感じない」と答えた人のうち「甘いものが好き」と答えた女性は38.5%ところが「冷えを感じる」人のうち、「甘いものが好き」と答えた女性は、なんと73.2%と大体2倍もの数だったそうです。

「冷え=甘いものが好き」そんな関係がしっかり数値に上がってるんです。そして体の温度が下がると、血液の循環が悪くなり体に老廃物が溜まりやすくなる、そしてむくみにもつながってしまう….まさに「冷え」恐るべしなのです。 

「冷え」にくい体質に改善する方法は、体に取り入れる食材を工夫するということのようです。 

  1. 朝起きたら、まずは「体温より少し高めの白湯」を1杯飲む!体温より高い白湯を飲むことで目覚めたばかりの体の温度を上げ、胃腸の働きを良くして体を温める効果があるようです。 
  2. 体が冷えない食べ物を選ぶ:寒い時に取れるもの「小松菜、みかん、たら、ぶり」など。寒い地方でとれるものりんご、さくらんぼ、ぶどう、玉ねぎ」など。色の濃いもの「黒砂糖、玄米、黒豆、あずき、黒ゴマ、かぼちゃ」など。味の濃いもの「えび、ニラ、ニンニク、生姜、味噌、塩分が高いもの(漬物、塩辛)」など。地中に向かって伸びるもの「にんじん、大根、蓮根」など。旬な食材が多いように感じます。
  3. オリーブオイルを使って温める「オリーブオイル」の効能として。温かいものと一緒に取ると、オリーブオイルが胃の中で膜となり、食べ物の温度を冷めにくくしてくれ、長時間に渡り体の中から温めてくれるようです。(大さじ1杯半が目安)

甘いものがやめられない理由は「脳に覚せい剤並みの強い快感をもたらすため」と脳科学の専門家、諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀先生は述べています。

 

甘いものは依存率が高いため、甘み欲しさのため必要のない糖分まで取ろうとしてしまいます。甘いものを食べ過ぎてしまう」のは、グレリ(食欲を増進させ、食べたい欲求を強める)成分が胃から分泌されるためと言われています。

そのため、胃の動きは活発になり、満腹状態のはずが胃の中に無理やり隙間を作ってしまい「甘いものは別腹」現象を起こすようです。

ついつい摂取してしまいがちな甘いものですが、冷えを改善し甘いものの摂りすぎに注意しましょう。

via:薬剤師ネット公式ブログ