fbpx
2024/4/10:フリーペーパーvol.97発刊!

『ペイ・フォワード』〜モテるアメリカンなセリフ〜

 『ペイ・フォワード』映画

モテたいならアメリカンな台詞は使わない方がいい

アメリカンなものに憧れる。

たとえばアメリカ映画で天才数学者がいきなりガラステーブルに油性マーカーで数式を書き始めたり、朝起きたら鏡台に恋人からルージュでメモが残されていたりするシーンを見るとドキッとする。アメリカンだなぁと思う。

私はどうしても消すときのことを考えてしまい、間違ってもテーブルや壁に油性マーカーでメモを残すなんてできない。

だからこそそれができてしまう人物に憧れるし、それが絵になるのはアメリカンなものだと感じている(日本映画だとどうしても、「これ、あとで誰が消したのだろう」という邪念が混じってしまう)。

アメリカンなセリフ

アメリカンなものの中でも特に憧れているのが、アメリカンなセリフだ。

昔、女の子と『ペイ・フォワード』という映画を観ていたときに、登場人物の男が女性の飛び降り自殺を止めるシーンがあった。

「命を大切にしろよ」だとか、「残されたひとのことを考えろ」などが思いとどまらせるセリフの凡例だが、

男は彼女に、「コーヒー飲みに行きませんか」と言った。

私は、アメリカンだなぁ、と呟いた。

それからというもの、アメリカンなセリフに私のアンテナが反応するようになった。

「俺は吐いた唾は飲まねぇ、でもピーナッツバターが塗ってあったら別さ」とか、そういうものに。

そして最近、それはエスカレートし、私自身がアメリカンなセリフを言いたくなってきた。
でも、アメリカンなセリフはとても難しいのだ。

ーーある雨の日、窓際の席で、女の子と食事をとっている。

「ねぇ」と女の子が話しかけてくる。

「ねぇ窓の外を見て」

「ん?」と私

「ねぇ、どうしてあのひと傘をさしてないのかしら、こんな雨の中、手に傘を持っているのに」

「きっと前世が砂漠だったんだよ」

私は心の中でだけそう呟く。でも言えない。どうしても、言えないーー。

このエッセイで紹介した映画

『ペイ・フォワード』映画。ちなみに、本文最後の「きっと前世が砂漠だったんだよ」はアメリカのセリフではなく、歌人・木下龍也さんの、ある歌の下の句の最後をもじったものです。アメリカのセリフではないのですが、とても使いたくなる言い回しです。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。