fbpx
2024/4/10:フリーペーパーvol.97発刊!

いろんな疾患を持った私の「1日800円」となる食事事情

少ない生活費の中で乗り切る私の食事事情

皆さんには「食料品が高くなっているから困るのよね…」との思いはありませんか?

ニュースでも報道されている通り、最近は、物価の高騰で様々な物価が2倍近く跳ね上がっており、給料は少ないままでの食料品価格の上昇はどの家庭でも悩みのタネとなっています。

今回は、少ない生活費で生活している私が「いろんな疾患を持つ中での『1日800円』となる食事事情」を紹介したいと思います。

1日の食費は800円

私の生活源は主に障害年金で、月割りで6万5千円と少なく、家賃や水道光熱費、食費などの生活費で足りない分を生活保護で補っています。

年金と生活保護費のセットで何とか食費が出せる程度となるので遊ぶことなどできません。幸い、無料で乗れる障害者パスを持っているので、バーゲンなどの遠出が可能です。

「1日の食費800円」は、コンビニやスーパーなどで惣菜の値段をリサーチして1日分の上限をはじき出しました。

私はグループホームにいるので、はじめは宅配弁当を勧められたのですが、1食で600円〜800円、夕食だけでも月18000~24000円かかり、食費だけで生活が破綻してしまいます。

自炊

主な食材は、業務用をまとめ買いします。安い米やカレーなどを1ヶ月分買い、冷凍で日持ちできるものをタッパーに小分けにして作り置きをして冷凍します。それでも毎月、15000円以上かかり、カツカツです。

高すぎる消費税

消費税だけでも、月額で1000円を超えます。標準レベル以下の食生活をしている私にしては、この金額は高額です。

私は、酒を飲まないし車も持っていないので、酒などの嗜好品やタバコ、ガソリンは現状の適宜増税でいいと思っています。せめて、店舗で買う食品だけでも非課税にしてくれれば、「たまにはいいか」とちょっと贅沢もできます。

糖尿病

私は、精神障害の他に糖尿病も持っています。

本来なら入院して、適切な栄養療法を受けるべきなのですが、6ヶ月も入院した直後ですから「もう入院はこりごり、頼まれても行かん!」との思いがあります。

病状を悪化させないために、塩と砂糖を抜いての料理を作ろうと思っていますが、作ると辛いか味がしないかのどっちかになってしまうんですよね。

完全自炊なら食材の下ごしらえから始めるのでしょうが、包丁が苦手なのでごぼうのささがきなどはおろしがねを使ったり、出来合いを買ったりします。

今日の晩ごはん

毎日、晩ごはんのレシピを決めるのが大変です。

晩ごはんのメニューは、お昼から冷蔵庫の中にある野菜のストックを見て肉か魚かを決めますが、最終的には夕方ごろ店に行って、値段を見比べてメニューを決めます。

決まらない時は場合によって、2、3日間作り置きのカレーやマグロの切り落としになったりします。まだこれはいい方で、ごはんにカップポタージュをかけて洋風おじやとなることもあります。

今日は、冷蔵庫の中にキャベツとミンチがあったので、ロールキャベツにしようかと思います。これなら1日800円の食費をオーバーしないで済みそうです。

この何日か、中華や韓国料理が続いているし、昨日がハンバーグだったので魚でもいいのですが、メニューを絞り込んでしまうとスーパーに行くのが面倒になります。

面倒になるのは節約の一歩なんですが、あまり面倒でいると栄養が偏るので、和食、洋食、中華をまんべんなく調理するよう心掛けています。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。