WOWOWで放送されているパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ『WHO I AM』。IPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWの共同プロジェクトで、東京パラリンピック大会が開催される2020年まで5年間にわたり放送されることで注目を浴びている。

世界最高峰のパラアスリートたちに迫るスポーツドキュメンタリーシリーズ『WHO I AM』の記念すべき第1回は、10/24(月)深夜・10/25(火)深夜2:00に放送の、水泳(ブラジル)「ダニエル・ディアス」選手だ。

先天性の四肢奇形を持つダニエル・ディアス選手の生い立ちと、16歳で水泳を始めてから、そしてパラリンピック出場選手に選ばれるまでの勇姿に心を打たれた方も多いのではないだろうか。

ここでは、そんな『WHO I AM』ダニエル・ディアス選手についての評価をご紹介したい。

ダニエル・ディアス選手は、ロンドン大会で6個の金メダルを獲得したブラジルのヒーローのひとり。両手と右ひざから先を欠損している状態で生まれた。
16歳の時、ブラジルの競泳選手・クロドアルド・シルバが2004年アテネパラリンピックに出場しているのを見て、水泳を始めて以来、すぐにその頭角を表した。

彼の母は、妊娠中から「手足が無い状態」と医師から宣告されてもなお、「この子は完璧だ」と信じてやまなかったという。

HIFUMIYO TIMESでは、このパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ『WHO I AM』に登場する選手たちについて引き続き取材を行っていきたい。いずれも障害者という枠を超えた、人間の精神の物語だ。

今回のダニエル・ディアス選手について、まだご存知でない方は是非次の記事を読んでみてほしい。

『WHO I AM』フェルプスと並ぶ!?水泳の英雄ダニエル・ディアス。10月22日からWOWOWで放送が始まるパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。その第1回目に特集されるのは、ブラジル出身の水泳選手、ダニエル・ディアスだ。 彼は生まれつき、右ひじから先と右ひざから…1234times.jp

パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

10月22日(土)スタート(全8回)WOWOW プライム・毎週土曜よる9:00

  • 10/25(火)深夜2:00:ダニエル・ディアス(ブラジル/水泳)
  • 10/29(土)よる9:00:タティアナ・マクファデン(アメリカ/陸上)
  • 10/31(月)深夜0:50:タティアナ・マクファデン(アメリカ/陸上)
  • 11/5(土)よる9:00:サフェト・アリバシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/シッティングバレーボール)
  • 11/7(月)深夜0:50:サフェト・アリバシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/シッティングバレーボール)
  • 11/12(土)よる9:00:エリー・コール(オーストラリア/水泳)
  • 11/13(日)午前4:00:タティアナ・マクファデン(アメリカ/陸上)WOWOWライブ
  • 11/14(月)深夜0:50:エリー・コール(オーストラリア/水泳)
  • 11/19(土)よる9:00:ザーラ・ネマティ(イラン/アーチェリー)
  • 11/21(月)深夜0:50:ザーラ・ネマティ(イラン/アーチェリー)
  • 11/26(土)よる9:00:リカルディーニョ(ブラジル/ブラインドサッカー)
  • 11/28(月)深夜0:50:リカルディーニョ(ブラジル/ブラインドサッカー)

via:IPC×WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM