私達のまわりに当たり前に存在する音ですが、音はいろいろなことを教えてくれます。

例えば…

  • 家のチャイムは誰かの「来訪」を
  • 車のエンジン音・タイヤ音は「車が近づいてくる合図」を
  • 電話・ケータイ電話は誰からかの「連絡」を

そんな当たり前にある音ですが、耳が聞こえない聞こえにくいという個性を持った人は音で判断するのは難しいものです。

そんな中、新しいデバイスが登場しました。音を体感する「Ontenna(オンテナ)」です。

pic1

画像引用:日経テクノロジー onLine

Ontennaは髪に装着することで音を感じることができるユーザーインターフェースです。

振動と光」によって装着者に教えてくれます。

電話はもちろん、チャイム・車の接近・音楽までを感じさせてくれるようです。

構造はシンプルで以下の通りとてもシンプル。

内蔵マイクが拾う周囲の音圧(30~90dB)を、256段階の振動と光の強さに変換する。Liイオン2次電池を搭載し、連続稼働時間は6時間だ。

音量によって振動の強さが変わるため、蝉の鳴き声のような断続的な音のリズムや、車が近づいたり遠ざかったりする様子を感じることができるという。

製品化は未定とのことですが、「髪の毛以外ののところにも付けてみたい」という意見からイヤリング型のデバイスも誕生しています。

今後は様々なシーンにも対応し、新たな体験を作り出すデバイスへの進化を目指すとのこと。時計型などできると男性も付けやすいかもしれませんね。

Ontenna – 髪の毛で音を感じる新しいユーザインタフェースOntenna(オンテナ)は、ヘアピンのように髪の毛に装着し、振動と光によって音の特徴をユーザに伝える全く新しいデバイスです。ontenna.jp

via:Ontenna

via:日経テクノロジー onLine