fbpx
2022/010/10:フリーペーパーvol.79発刊!

【ゴーハイ的日常】合理的配慮は全ての人に当てはまる!

2016年4月1日に「障害者差別解消法」が施行されましたが、世の中にはどのような合理的配慮(ごうりてきはいりょ)が飛び交い、障がいのある人々は日々、どのような合理的配慮と向き合っているのでしょうか?

人気シリーズ【ゴーハイ的日常】では、車いすユーザーの3人が身の回りで起こったさまざまな出来事の中から「それって合理的!」あるいは「それは合理的じゃないよね!」と感じたエピソードを紹介。イラストレーターの《*マリコ*》《えりこ》、ライターで1児の母の《かおり》で構成された「トリプル☆リー」が制作しています。

※当コンテンツは南日本新聞で2017年10月から掲載開始。今回は2022年3月2日(水)に51回目として掲載された紙面オリジナルコンテンツ【GO!HI! ゴーハイ的合理的配慮な日常】のバックナンバーとしてお届けします。

Illustration by *マリコ*

「GO!HI!」ミーティングでの気づき

私たちは南日本新聞で毎月第1水曜日に掲載している「GO!HI! ゴーハイ的合理的配慮な日常」のコラムを書くため、毎月ミーティングを行っています

ミーティング中は脱線しがち…いやいや、笑い転げながら楽しく話し合っていますが、いつも「合理的配慮って何?」「これって当てはまる?」と疑問が湧き、最終的には「合理的配慮は障害を持っている人だけのものではなくて、どんな人にも当てはまるよね」となります。

例えば、最近では右利き用だけでなく、左利き用のグッズも増えましたね。これも合理的配慮。右利き・左利きに関しては障害者も健常者も関係ないのです。

ミーティングをするたびに、身近に合理的配慮がたくさんあることに気付かされます。新聞での連載が50回を超え、改めて合理的配慮について考えたトリプル☆リーでした。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。