電動車椅子ユーザの私は、熊本地震で身近に災害の危険性を感じて気付いたことが一つある。

 

私、そもそも逃げられない?(゜゜;)

 

ってこと。

 

1回目の大きな地震の時は、起きていて車イスに乗っていた。とりあえず、落ちてくる物はないか、倒れてくる物はないか、子供・犬は大丈夫か、主人は…まぁ大丈夫wと、とっさに確認。

 

でも、2回目の大きな地震の時は、ガッツリ布団で爆睡中。

 

警報音にビックリしたけど、寝転ぶと何も出来なくなる自分。。。_| ̄|○ il||li

携帯の画面さえも、体位によっては見ることが出来ないので、確認も出来ないまま、主人に状況報告をしてもらい、揺れが収まるのを待った。

 

大丈夫かなぁ、寝ようかなぁ、と思っていたら第二波!!(´゚д゚`)

 

揺れが収まって、すぐに車イスに乗って、すぐ逃げれるよう準備もして、もう大丈夫そうだったけど、寝れない。。。

精神は結構図太い方だから、寝ようと思えば寝れるけど…

 

物理的に寝られない( ;∀;)

 

一度、ガッツリ布団に入ってしまうと、

車イスに乗るのに、どんなに急いでも主人一人だと2分はかかってしまう。。。

 

この時、気付いた。。。

 

逃げる準備って、私が一番重要なんじゃん!!( ゚д゚)ハッ!

 

水、食料、薬…すぐに持って逃げれるようにしていても、命無いんじゃ意味が無い。。。

普通の人は、パッと起きて行動するのに何秒??

それが、出来ない。。。

 

でも、これいつまで車イスに乗ったままで待機なの?

 

そんなことを思ってたら、体調を崩しそうな感覚がやってきて、とりあえず、車イスの上で寝てみる。

けど、ガッツリは寝られない。

 

被災した人たちは、ずっとこうなんだと思ったら、二次被害も多そうと身を持って感じた。

 

その後は、普通に布団に寝たけど、今後どうしたら良いのか、

いまだに分からず、もう覚悟決めるしかないのか?とも思って、とりあえず、悔いのない生き方をしようと改めて思った次第である。

さー、対策考えなきゃ。