最近、海外のセレブやモデルさんの中でヘルシーなものが流行っていますよね。スーパーフード・スムージー・アサイー・ココナッツオイルなどなどセレブおすすめの栄養満点の食材をたっぷり取り入れている方も多いのではないでしょうか。

綺麗なモデルさんには誰しも憧れるもの。インスタなどにアップされる旬の食材や新商品は、ついつい同じものを食べてみたくなるものです。

しかし今、そのヘルシー志向が行き過ぎたあまり新型の摂食障害「オルトレキシア」に悩む人が増え、問題になっているといいます。グルテンフリーやシュガーフリー、糖質オフなど体のリセットのためには時には必要ですがバランスも重要です。

1997年にスティーブン・ブラッドマン博士によって提言された『オルトレキシア』は、『極端な先入観をもって不健康さだと考える食品を避けることで引き起こされる、摂食障害や精神障害」とされる比較的新しい概念だ。

ブロガーのジョーダン・ヤングさんも、そんな「オルトレキシア」に悩んでいたといいます。

2014年にダイエットを決意し、ビーガン、グルテンフリー、シュガーフリー、オイルフリー生活をスタート。ストイックな生活を続けること2年…原因不明の腹痛に悩まされることに。この体調不良をきっかけに食生活のいいバランスの良い食べ物に見直したそうです。

オルトレキシア」になる人は、ベジタリアンに多いとも言われています。治療には、強迫性障害等の治療に用いられる認知行動療法を利用することも多く、カウンセリングや医師の指導のもと問題点を洗い出して歪んだ認知を修正し考え方もバランスを取れるようにしていく治療法です。

オルトレキシアの人は「自分は体に良いことをしている」と思っているだけに、治療には時間がかかるのだそう。「オーガニックのサラダしか食べたくない、ご飯なんか食べたくない、ヘルシーなものが一番」という方は要注意。

以下の項目に、2~3個当てはまった方はオルトレキシアの疑いがあるそう。

【オルトレキシアチェックリスト】

  • ヘルシーな食について1日3時間以上考えていますか?
  • 何日も前から食事のメニューを計画していますか?
  • おいしい食事を食べる喜びより、何を食べるているかのほうが重要ですか?
  • 食事の質がよくなるにつれて、人生の質が低下していませんか?
  • 以前より自分に厳しくなっていますか?
  • あなたの自尊心はヘルシーな食で保たれていますか? 内心、健康的に食べてない人を見下していますか?
  • ヘルシーな食のために、好物を我慢していますか?
  • ヘルシーな食のために友人や家族と外食をするのが難しくなりましたか?
  • ヘルシーな食のルールを守れなかった時に、罪悪感や自己嫌悪を感じますか?
  • 計画した通りに食べられた時、自分を完璧にコントロールできてる気分になりますか?

フランスでは、現実的ではない体型の”痩せすぎモデル”の雇用を禁止する法案が可決されるなど、世界中でも”痩せすぎ”に啓発を促しています。「美しい=痩せすぎ」という考えだったモデル業界も変わりつつある今、求められているのは真の健康な体。

バービー人形にも、今や多様な体型のキャラクターが増えてきています。

項目に当てはまった方や、ちょっと最近健康ブーム意識しすぎ?と自覚している方は、食生活をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

【SPUR】「ヘルシーなものしか食べられない!」新型摂食障害にご用心 | こちらハリウッド美容番グルテンフリーやシュガーフリー、糖質オフにビーガン。美しいセレブのストイックな食事法を見ていると、「パンやお米や砂糖なんて体に悪い。オーガニックのグリーンスムージーやサラダしか食べたくない!」と危機感にとらわれる人は多い…spur.hpplus.jp

via:SPUR.jp