バスケットボール男子の新しいプロリーグ「Bリーグ」が開幕しました!日本国内では2つに分裂していたナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)とbjリーグが統合して発足したリーグです。

東京 国立代々木競技場で行われた開幕戦に釘付けになった方も多いことでしょう。開幕戦ではアルバルク東京が琉球ゴールデンキングスを破り、白熱の開幕試合となりました!
なんと、約1万席のチケットは20分で完売したんだとか!

開幕戦でまず目を惹いたのがバスケットコートの床一面に敷かれたLEDビジョン。
CGで映し出された仮想コートには、素晴らしいプレーの直後は「EXCELLENT(素晴らしい!)」、「GOOD DEFENSE(いい守り)」といった大きな文字が現れ、得点も大きく床に表示されるなど開幕戦を盛り上げる視覚的にも素晴らしい演出が目玉となりました!

プロジェクションマッピングで映し出されたコートがガラガラと崩れ落ち、まるで会場の床に大きな穴があいているような演出に驚いた方も多いのではないでしょうか?その後、浮き出てきたBリーグのロゴには、これから日本を大いに盛り上げるバスケットの未来を感じました。

そして、このバスケ「Bリーグ」はプロモーション映像やグッズもおしゃれ。個人的には選手の履いているバッシュ(バスケットシューズ)と蛍光色の靴下に萌え萌えしていました♡

Bリーグ グッズ

画像引用:B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト

と、ここまでBリーグについて語っている私ですが実はバスケについては、ほぼ漫画「スラムダンク」と「リアル」からの知識のみ。開幕戦の演出と素晴らしいプレーに一夜にして釘付けになってしまったのでした。

余談ですが、スラムダンク時代のユニフォームと現在のBリーグ選手や黒子のバスケのユニフォームのタンクトップ、微妙に差があることにお気づきでしたか?タンクトップの肩幅のサイズに違いが!スラムダンク時代は狭めのユニフォームなんです。時代です…!

このように、これまでバスケットの試合を見たことのなかった人も間近に感じることのできる男子プロバスケ「Bリーグ」。今後の益々の活躍に期待です!

そして個人的な推しメンは、琉球「岸本選手」・東京「菊池選手」。でも一番のイケメンは琉球「波多野選手」だとこっそり思っています。

player

画像引用:アルバルク東京

HIFUMIYO TIMESでは、各B.LEAGUE全36クラブのホームアリーナのバリアフリー事情についても、追って情報提供していきたいと思います!

 

B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト2016年秋に開幕するプロバスケットボール新リーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」公式サイトwww.bleague.jp

via:B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト