fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

今注目のiPhoneSE実力と今秋発売と噂のiPhone12に対する期待と希望

高コスパのiPhoneSEと今年10月お目見え予定のiPhone12情報

現行のiPhoneSEに関して、必要最低限の装備で大きな長所となるのは、148 gのスマートフォンでありながら、iPhone11シリーズと同程度の品質になっていること。この点はさすがアップルです。いるものは装備し、いらないものは取り外す。SE(Special Edition)の名にふさわしく、工夫や利便性を兼ね備えたものを残した形となっています。

iPhone12について、現在噂されているのは、
・現在カメラ機能の大幅な品質アップ
・ハイクオリティ商品に関しては画質の大幅向上
・新カラーの登場や底上げしたクオリティの高さ
・そしてこれまでのiPhoneシリーズと違うのは、8万円程度で購入できる手軽さ
と言われています。

難のある?ネット購入

iPhoneSE自体の購入は大変人気の為、大抵はネットでの手続きの後の購入となっている携帯会社さんが多いです。しかしながら、ネットでの購入手続きには少しばかり難があります。登録された携帯会社の方は取引確認のためのメールアドレスでのやり取りに関して、どのメールアドレスに連絡をするかは分かります。が、カスタマーの方からは普段から自分が使っているメールアドレスに連絡がくると思い込んでしまうなどと言ったトラブルが起こったり、発注して3日間以内にメールにログインをしないとキャンセル扱いになってしまったり、いつそのメールが届くかなどは全く分からずじまいで、少しばかりずさんな有様となっています。購入手続きをネットに頼るのなら、人員削減をして携帯のコスパを良くしてくれというカスタマーから要望も上がっているようです。

iPhone購入の際に覚えておくこととは

予約取り寄せはショップ店舗でもできます。店内在庫があれば、その場で手に入れることも可能です。いち早く手に入れる手段としては、在庫確認の電話をショップなり家電量販店を訪ねると良いでしょう。在庫状況は店舗次第なので。在庫次第ではその場で契約ができます。

ある携帯会社さんでは、今回のiPhoneSEの電話予約は一切行わなかったそうです。また、店頭での機種変更、購入は行わず、ネットでの予約で取引を始めているメーカーさんもあります。

iPhoneSEと他のiPhoneを比較してみて

今回発売されたiPhoneSE。使い勝手の良さと所有のしやすさを追求し、低価格に留めた新しいiPhone。Appleの叩き出した今回のヒット商品は、今後も進化を続けるiPhoneにどのような新しい風を吹き込んだのでしょう?

新型コロナウィルスを通して、みんなが学んだ必要最低限の装備と、コスパに優れたiPhone。後の後継機へのコスパ削減の兆しになることを祈りつつ、今回の低価格化を歓迎したいところです。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。