fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

新型コロナウィルス対策・熱中症対策にも「冷やしマスク」??

冷やしマスクの販売??

新型コロナウイルス感染症拡大に伴ったマスクの需要が高まる中、山形県や会津若松市の七日町などで『冷やしマスク』の販売が始まりました。

両県ともに保冷剤を入れるポケットの付いた『冷やしマスク』を開発し春を超え日差しが暑くなる今、脚光を浴びています。

『冷やしマスク』開発の途について

「東北は涼しそう」そんなイメージをお持ちの方が多いかもしれません。しかし、山形の夏は暑いそうです。

1993年7月には最高気温40.8℃を記録、その記録が74年ものあいだ、破られることがなかったほどです。
そんな過酷な夏を快適に乗り切るために生まれたのが「冷やし文化」です。
冷やしたシャンプーで爽快感を楽しむ「冷やしシャンプー」や、スープも麺も冷たい「冷やしラーメン」などなど、清涼感を楽しむための文化が生み出されてきました。

それが今回の『冷やしマスク』を生むに至った経緯となったでしょうか。今回の開発はこれから先、暑い夏を迎える日本の人たちにとって大いに良い手助けとなり得るでしょう。

『冷やしマスク』とは

マスク内側にポケットがあり、左右から保冷剤を入れて着用できるようになっています。耳に掛けるゴムひもを通常のマスクより幅広く設定し、耐久性を上げて着け心地を良くしました。

マスクの両頬部分にポケットがあり、4個の保冷剤入っていて個人差によりますが、1~2時間はひんやりとした感触が続きます。布製で、冷凍庫で冷やせば繰り返し使えるようになっています。5月14日から販売を始めてみると、購入の申し込みが相次いでいます。

「ずっと冷たさが続くマスクがほしい」

という声を受けて考案。夏の暑さを想定し、サウナに通って冷え具合を何度も確認しながら開発を進めたとのこと。

山形県の『冷やしマスク』は布製で保冷剤を差し込むポケットを備えています。保冷剤4つとの1セット1,300円で、県内2カ所の自販機と通販で販売されているそうです。

新型コロナウィルス対策にもっとも役立つマスク使用について

昨今、暑くなり始めた南国鹿児島でも新型コロナウィルス拡大の影響で、きちんとマスクを着用している人が多かったです。自粛解除もありながらのここ最近の夏日の暑さを受けて、マスクの着用をしていない方たちも増えてきました。

こうした中で蒸し暑い梅雨や夏の暑い中でも快適に使える。持続して冷えるマスクの開発をしてくれた方々の思いを受けて、今だに猛威を振るうコロナ対策に熱中症対策にも役に立っていってくれたらと思います。

1人でも多くの人たちのお役に立てればと、世の皆さんが働いてくれています。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。