fbpx
2020/01/10:フリーペーパーvol.46発刊!

私は、マーメイド!第111話ー自分史上最高なエレガントな女性になるために♡

早くも12月になりました。この時期、来年の目標や今年の反省などについて考える方も多いのではないでしょうか。日々少し落ち込むこともありますが、前向きに感謝の心を忘れないことを意識し過ごしています。

☆間違いを指摘されたら、とりあえず「ありがとう」と言うこと。お礼を言うことで、脳が勝手にありがたい理由を探しはじめる。感謝できる自分になる練習をしよう。

「それ、間違ってるよ!」「君、全然出来ていないね」

明らかに自分が悪くても、面と向かってこう言われると、ちょっと嫌な気持ちになりますよね。学校の先生や、バイト先の先輩や、会社の上司。

内容は正論でも、強い口調だったり、イライラしているような表情だったりするとなかなか受け入れられず、「でも、教えてもらっていない」「ちょっと忙しかったから・・・」と言い訳してしまいがちです。

コミュニケーションの基本は、相手を認めることです。だから、自分を受け入れられていないと感じると、コミュニケーションを拒否されたと感じ、有意義な会話が成立しにくくなります。

しかし、仕事など忙しい時には、冒頭のように急に怒られることもあるでしょう。上からものを言うのに慣れている人もたくさんいます。「イライラして限界!」「もう、こんなところ辞める!」そう思う時だってあるでしょう。

そんな時こそ、まず「ありがとう」と言ってみて下さい。「間違いを指摘して下さって、ありがとうございます」と伝えましょう。

感情は、使う言葉によって変わります。「ムカつく!」と思っていても「ありがとう」を口にすると、自然と落ち着いたりします。本当に「ありがとう」と思っていなくても、言葉にすることによって、耳を通って頭に入り、脳が勝手にありがたい理由を考え始めてくれます。そうすると、本当に感謝の気持ちが湧いてくるから不思議です。

「怒られた、ムカつく」ではなく、「間違いを教えてもらった、感謝」に変える魔法の一言。「ありがとう」を口癖にしてみましょう。

※明日は、きっと出来た!

「人間の脳って、面白い!この仕組みを上手く活用しよう」

☆気分が乗ってからやり始めるのでは、夢は達成出来ない。今この時間に何が出来るか。それを考えていくから夢は実現する。

夢を叶えるためには、チャンスをつかまなければいけません。

「いつかチャンスがめぐってくればね!」・・・今、そんなふうに思っているあなたは、もしかしたらチャンスをすでに見逃してしまっているかも知れませんよ。

なぜなら、チャンスの色は透明だからです。

チャンスに出会っても、ほとんどの人は気付きません。透明だから、見えないのです。見えにくいほうが正しいかも知れません。

では、どうしたらチャンスが見えるようになるのでしょう?

それは、その夢に向かって行動している時。一生懸命自分が動いている時は、今まで見逃していた出来事でもチャンスだと捉える事が出来るのです。

ピンチに陥ったとき、必死で考えてみると「あ、あの人なら助けてくれるかも」と、思いついたりする経験はないでしょうか。同じように、一つの事に一生懸命になっていると、すべてのアンテナが目標に向かって立つので、些細な事でもチャンスやきっかけに出来るのです。

誰が見ても分かるビッグチャンスはとても小さいものです。競争率もとても高い。だからこそ、小さなチャンスを日々発見出来るようにしておきましょう。発見出来るかどうかは、今その目標に向かって努力しているかどうかにかかっています。

もちろん、チャンスを見つけても、すぐには上手くいかない事もあります。でも、たくさんのチャンスを見付けて、たくさんチャレンジした人には結果がついてきます。チャンスの数が多いほど成功に近いのです。そのために、今この瞬間に何が出来るのか、いつも考えておく必要があるのです。

※明日は、きっと出来た!

「あなただけのチャンスを見つける」

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。