fbpx
2019.08.10:フリーペーパーVol.41発刊!

笑わないと死亡率が2倍!? いつも笑って元気になろう!

笑わない人は脳卒中や心筋梗塞の発症が高くなる

皆さん、1日にどれぐらい笑っていますか? それともなかなか笑えずにいますか? 6月25日に山形大学医学部の研究グループが「笑う人は笑わない人よりも死亡率や病気の発症率が低下する」と発表しました。笑うことは健康にも良いし、本当に大事なことなのです。

笑わない人の死亡率がよく笑う人の2倍もある

山形大学医学部の研究グループが、笑わない人はよく笑う人よりも死亡率が2倍もあるとのデータを発表しました。
さらに笑うことで、病気の発症率が低下する可能性もあるとのこと。

笑うことで免疫力がアップしたり、血糖値も上がりにくいなどの報告もあり、よく笑う人ほど健康で長生きできるのだそうです。

ダウンタウンの松ちゃんが発言した言葉

過去にも記事に書いたことなのですが、僕は笑うことについて、いつも「笑ってはいけないシリーズ」の番組で発言したダウンタウンの松本人志さんが言葉が思い浮かびます。

笑ってはいけないの温泉宿編で仕掛け人が浜田雅功さん、罰ゲームを受けるのは松本人志さん、ココリコ、月亭方正さん。

笑ったらお尻に吹き矢を吹かれるという過酷な罰ゲーム。
途中で浜田さんが「今だけ笑っても罰はナシにしたるわ」と言って、4人はものすごく笑顔で笑うシーンがあります。

このシーンをワイプ画面で見ていた松本さんが、

「これ本当に嬉しかったよなぁ、ストレス半端なかったもんな。笑わないと辛いで」

と言っているのが印象に残っています。

1日1回は声を出して笑おう

笑うことで病気の発症率が少なくなるというデータを知ったことで、僕も学生の頃はあまり笑っていなかったなぁ、という記憶があります。

今回のデータは脳卒中や心筋梗塞などを発症する割合が少なくなるということでした。
ですが、僕も中学生の頃に原因不明の難病「クローン病」を患いました。
もしかしたら、「あまり笑っていなかったのが病気を発症した原因かな?」とこのデータを見て、そう思ったりもしています。

過去に引きこもっていた時期もありました。ずっと暗い部屋の中で無表情で過ごしていたときもありました。今振り返っても仕方ないのですが、この時間が本当にもったいないと思っています。

現在はお笑いのDVDを観たりして、声を出して笑うようにしています。あとくだらない動画とかも観たりして、涙を流しながら大笑いする時間を作ったりもしています。

笑うことでひょっとしたらクローン病の症状が寛解状態が続き、ほぼ毎日仕事や友人と遊びに行けるかもしれない。そしていずれ病気が完治するかもしれないと思いつつ、僕は笑うことを毎日1回は心がけて生活するようにしています。

どんな病気でも、笑うことが1番の薬かもしれませんね。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。