fbpx
2019.07.10:フリーペーパーVol.40発刊!

新しい時代令和に昭和のレコードを集める若者たち

レコード集める若い人が多くなった

私は、70年代や80年代の音楽が大好きで、CDの方を集めていました。
しかし、ある音楽番組(昭和のアイドル特集)を見ていると、レコードを集めたくなってすぐにレコード屋さんに行きました。

最近では、菅田将暉さんのアルバムがレコード仕様だったり、バンドのアルバムがレコードだったり。

若い人にとっては、レコードは新しいものだと思います。

そもそもレコードプレイヤーを持っていない私

レコード本体はあっても、レコードプレイヤー持ってないので聴けません!!!
今すぐにでも、欲しいのですが何がいいのか分からない!!!ネットでみても色々あって分かりません(笑)
色々レコードプレイヤーがあるので値段を見ても安いものから、高いものまであるので、迷ってしまいます。
フリマアプリで検索してみると、80年代に発売されたレコードコンポがありました。
でも、レコードの円盤が回らないらしく、自分で直せばレコード聴けるのでは?と思いました。買ってみないと分かりません!(笑)

レコードは集め始めると楽しい

今までレコードプレイヤーがないからレコードは買えないと思っていましたが、レコードが無くても、いつかレコードプレイヤーを買ったときに聴けたらいいなと思ってレコードを買ってみました。
私の大好きなチェッカーズを探して、レコード屋に行ってみたらちょこっとしかなかったですが、また別のレコード屋さんに行くとチェッカーズがいっぱいあって即購入しました。
チェッカーズの他にも中森明菜さんや松田聖子さん、近藤真彦さんのレコードも買いました。

レコードは手入れが大変だと聞きます。レコードにボンドを塗ったり、針を変えたり、聴く前にレコードを拭いたり。1曲終わればA面からB面に移したり。

でもこの大変さがあるからレコードも回り、いい味が出るのではと思います。

平成が終わったからこそアナログに触れてほしい

平成も終わり、令和になりました。周りのみんなはスマホで音楽を聴いているけど、私はCDやカセットテープなどで音楽を聴いています。
スマホだと安くで音楽が買えますが、手元には残りません。
新しい時代の幕開け。ぜひレコードに触れて懐かしさを感じてみませんか?

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。