fbpx
2019.09.10:フリーペーパーVol.42発刊!

何だ? 配送業者「デリバリープロバイダ」って?

Amazonで買った商品を届けてくれる配送業者の1つ

僕はよくAmazonを利用しています。この前ブルーレイボックスをAmazonで購入しました。「今日お届けします」のメールが届き、配送業者を見てみると「デリバリープロバイダ」と表記してありました。

僕も初耳な配送業者でネットや Twitter を検索してみると、「デリバリープロバイダ」について不評の声がたくさんあり、だんだんと不安になりました。

まずデリバリープロバイダって?

「デリバリープロバイダ」とは、Amazonが提携している地域限定の配送会社の総称であり、大手の配送業者(佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸など)とは異なります。

これを聞いてもあまり理解できなかったのですが、このような名前の配送業者があったことを僕はつい最近知りました。

まったく分からないのでネットや Twitter で「デリバリープロバイダ」を検索してみると、あまりにも不評の声が多数あったのです。

評判が悪すぎる

「デリバリープロバイダ」を検索してみると、このような声が多数ありました。

・時間指定日に届けてくれない

・再配達の電話をしたいけど、ドライバーが電話にでない

・不在じゃないのに、郵便受けに不在票が入れてあった

・配達が遅い

あまりにも多い不評の声のため、僕も注文したブルーレイボックスの配送業者が「デリバリープロバイダ」だったからちゃんと届くのか、ものすごく不安になってきました。

商品は届いたけど

Amazonから「今日お届け予定です」というメールが届いたので、すばやく用事を済ませて自宅で待っていました。

注文したら、いつも早くて午前中、遅くても17時ぐらいには商品が届いていました。
ですが、今回はいつまでたっても商品が届かない…。デリバリープロバイダに配送はどうなっているのか聞きたかったけど、知らない業者なのでちょっと怖くて電話ができませんでした。

ついに21時を過ぎても商品は届かず、「やばい、ネットの声は本当だったのか…」と不安になってきました。

「とりあえず明日まで待つか」と思っていましたが、22時過ぎ頃にピンポーンとチャイムが鳴ったのです。ドアの小窓を覗いてみると、商品を持った宅配業者っぽい方が立っていました。

「注文を届けにきました」

と年齢は大体60代ぐらいの男性で、黄色いジャンパーを着ていました。ネットでは「チャラい人が来る」とかも書いてあったのですが…。

「遅くなって本当に申し訳ありませんでした」
と一声言ってくれたので、僕も、
「遅くまでおつかれさまです、ありがとうございました」
とお礼を言いました。

でも22時以降に配達が来ることは初めての出来事でした。

代引きなら大手業者が届けてくれる可能性も

僕はいつもコンビニ支払いを使っています。配送業者をこちらから指定するということはできません。

でも手数料がかかる代引きや時間指定配達希望、コンビニ受け取りにすると、大手の配送業者が宅配してくれる可能性が高いそうです。

初耳だった「デリバリープロバイダ」。あまりにもいい噂を聞かないので、Amazonの買い物で1番心配した出来事でした。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。