fbpx
2019.06.10:フリーペーパーVol.39発刊!

ストレスフリーな買い物を

2016年4月1日より「障害者差別解消法」が施行され、世の中にはどのような合理的配慮(ごうりてきはいりょ)が飛び交っているのか?障がいを抱える人々はどのような合理的配慮と出会っているのか?そんな日常に潜む合理的配慮【GO!HI!(ゴーハイ!)】を紹介する当コーナーでは、当事者の日常で起こる「合理的いいね!」や「合理的じゃないね!」をお伝えしていきます。

※当コンテンツは、鹿児島を代表するローカル紙「南日本新聞」様にて2017年10月より掲載開始し、2018年10月1日(月)に掲載された紙面オリジナルコンテンツの【GO!HI!ゴーハイ的合理的配慮な日常-】をバックナンバーとしてお届けしています。

レジにて

Illustration by|*マリコ*

生活に必要な買い出しだけでなく、ストレス発散や趣味として買い物を楽しむ人は多いと思います。
それは車いすユーザーも同じです。

私たちの場合、商品を袋に入れて車いすに掛けるという動作が難しく、申し訳ない気持ちを抱えながら店員さんにお願いします。ある日、それほど時間がかかっていなかったのですが、店員さんが次の人に「すいません」と謝った言葉を聞き、心がモヤモヤしました。

顔なじみのスーパーでは、店員さんに大きな声で話しかけられることも。
周囲も手伝ってくれて非常にありがたいのですが、にぎやかな雰囲気が恥ずかしいこともあります。
普通に買い物ができるよう、一般客も使える車いす優先レジがあったらいいなと思いました。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。