fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

全日空ANAが宮崎 青島になんだかオシャレな「青島ファクトリー」10月に開設!障害者雇用も

全日本空輪の特例子会社で、障害者雇用を進めるANAウィングフェローズ・ヴイ王子が、2020年までに障害者20人を雇用する計画であると発表がありました。

私たちの住む鹿児島のお隣、宮崎市青島に今年10月に「ANA青島ファクトリー」を開設予定。青島(あおしま)は、奇岩「鬼の洗濯板」が島を囲む小さな島です。この青島ファクトリーでは、新規事業として名刺・カレンダーなどの紙製品やモデルプレーンなど、木工製品の製作・販売を行うのだそうです。

気になるのはそのおしゃれな外観!カフェのような素敵な設計は、青島の新たな観光スポットとしても注目されそうです!

この青島ファクトリーで制作された手すき和紙の名刺や、宮崎県産の木材を使った茶碗・置物などは、宮崎県内の土産物屋やホテル、空港などで販売予定とのこと。

ちなみにANA青島ファクトリーでは、観光客の方が紙すきを体験できるとのことで、宮崎観光はもちろん、デートにも是非行ってみたいスポットですね!

以前、ディズニーリゾートの障害者雇用について記事にしましたが、大きな会社が障害者を受け入れてくれているのはとても嬉しいことです。障害者の方の就職率も、働く意欲も湧き上がります。

「障害者は仕事ができない」と囁かれたりしますが、そんなことはありません。

その人の特徴に合わせた仕事であれば、個性を発揮することが可能です。

軽作業が得意な人もいれば農作業が得意な人もいて、単純作業が得意な人もいれば、文章の入力作業が得意な人もいます。人それぞれ得意な仕事があるのです。

「障害者が働きやすい環境」ってなんだろうと日々考えますが、自分が好きな仕事、能力を発揮できる雰囲気のいい環境なんだと私は思います。

障害者が働きやすい職場、事業所がこれからもたくさん出てきて欲しいものです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC25H1W_V20C16A7LX0000/

via:日本経済新聞

http://response.jp/article/2016/07/21/278788.html

via:response