fbpx
2018.10.10:フリーペーパーVol.31発刊!

最近、疲れていませんか?心のエネルギー足りていますか?

心のエネルギーをチャージしておきませんか?

うつ病は「心のエネルギーが枯渇している状態」と表現することがあります。確かにその通りだなと思います。心のエネルギーが底を尽きると、動くことができません。心も体もフリーズした状態になります。心の動きが悪くなる前に、いろんなことが億劫になる前に、心のエネルギーを補充しておきませんか?

心のエネルギーって

体力の限界は息切れをしたり、筋肉痛になったりすることで分かりやすいですが、心の限界というか心のエネルギーがなくなる時って、なかなかわからないですよね。正直、うつ病になるまでわたしは分かりませんでした。

うつ病になると心のエネルギーの容量が減る !?

うつ病を発症してから「元気だった頃と比べて疲れやすくなったな」と感じていました。もちろん、体力が落ちたこともあるでしょうが、「がんばれなくなった」というか「踏ん張れなくなった」というか…。それには「心のエネルギーの容量」が関係しているのではないか、とわたしは思います。すぐエネルギー切れを起こしてしまう…これは個人的な感覚なので、同じように感じている方がいるか聞いてみたいところではあります。

心のエネルギーが満たされている状態

ウキウキ感、ワクワク感がある、その場を楽しむことができている、そんな時「心のエネルギー足りてるな」とわたしは感じます。あと、明日が楽しみという感覚がある時も。気持ちに余裕がある時はエネルギーが満たされている状態なのかもしれませんね。ちなみに、わたしが主治医に一番かけられる言葉は「余裕を持って過ごしてくださいね」です。

あなたが心の疲れを感じるときは?

心が疲れる場面はどんなときですか?人それぞれ違うと思いますが…。わたしの場合は、人が集まる場にいる時、一気に心のエネルギーがなくなっていました。自分に自信がないので、他人の意見に振り回されるという感覚、人が自分をどう見ているか気になってしょうがないという感覚があったので。

心の限界サイン

体力の限界は心拍数や呼吸、筋肉、血圧の状態でおおよそ見当がつきます。でも、心の限界サインは…。意欲や集中力、感情などの状態で分かるといえば分かるのかもしれませんが、それが限界なのか怠慢なのか判断しきれない部分があるように感じます。わたしの中では、いつも感じない場面でイライラしたり、人の言葉がスーッと入ってこなくなると、少しヤバイな、心のエネルギー足りてないかもと感じます。

心のエネルギーが底をつく前にチャージを

うつ病が「心のエネルギーが枯渇している状態」と表現できるのであれば、自分自身の心の限界サインがくる前に、心のエネルギーをチャージしておくことが、うつ病を防ぐ助けになるのではないでしょうか。

生活の工夫や考え方のコツなど自分自身が使える道具を準備して、その道具を使うことで心のエネルギーチャージは可能になると思います。

道具は、好きな事でも、得意な事でも、それをすればリラックスできる事でも、何でもいいと思います。自分の心が満たされる感覚があれば…。

わたしの心のエネルギーチャージ

心のエネルギーをチャージするためにわたしがしていること、また、したいことは、「睡眠をしっかりとる」「朝ヨガ」「お風呂に浸かる」「人とゆっくり話す」「カフェでゆっくり過ごす」「丁寧に生活する」など…。その時によって、できない事もあるので、たくさんの心のエネルギーをチャージする道具を持っているといいかもしれません。

「心のエネルギーをチャージできる道具」をみつけて、それを楽しむ、味わう…そして、みんな心を満たして、心の疲れ吹き飛ばしちゃいましょう!