fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

ローソン低糖質菓子―北海道産チーズを使ったこんがりラスク

ナチュラルローソン発売の低糖質スナック「北海道産チーズを使ったこんがりラスク」

ナチュラルローソンが発売する低糖質スナックを特集する第2段は、コクのあるチーズ風味豊かな北海道産チーズを使ったこんがりラスク」(LAWSON商品説明ページ)です。

口に入れると低糖質とは思えないほどしっかりしたチーズの風味。
地となるフランスパンの部分はカリカリと香ばしくほどよい歯ごたえがあります。

栄養成分とカロリー

パッケージ表面にコックさんのイラスト風アイコンで「ロカボ」のロゴが示されています。

1袋30gで糖質わずか5.3g、カロリーは160kcalです。
チーズの風味は濃いめでしっかりした味です。

地となるフランスパンも歯ごたえのあるカリッとした食感となっています。
量的にも十分といえるでしょう。

HIFUMIYO TIMESライター、制作チームの食レポ

HIFUMIYO TIMESは購入した商品をライターと制作チームで試食し、各々の感想を出し合いました。

ライター、制作チームなどから、感想それぞれ

ヴィクター沸点:塩分がちょうどいい。チーズ味があっさりしていて、食感も軽いですね(ライター)!

直感的マイペース:口いっぱいに風味が広がってとてもおいしい(ライター)!

Oさん:口の中でつぶつぶしたものが残るのが少し気になる。味はおいしい!(制作)

Kさん:チーズそのものじゃないか!(リサーチャー・制作)

Future peppy:チーズの味がしました(ライター)。

さくらももえ:サクサクでチーズの味が濃厚で美味しかったです(ライター)。

中ボス:コクはある、チーズの味はするがそこまで濃くない、サクサク感はあり、マーガリンの風味も多少感じる(デザイン)。

名人:予想に反して塩気が強い。低糖質ロカボということでダイエットに特化したお菓子と思ったので、すると塩分もすくないだろうなと。これは嬉しい誤算。チーズ濃厚で、ロカボだけどガッツリ食べた感じ(ライター)。

などなど、さまざまな感想が出ました。

食品表示法

2015年4月に「食品表示法」が施行され、原材料名やアレルギーに関する表示方法に変更が加えられました。

栄養成分表示

栄養成分表示は義務化され、表示項目の細目として「ナトリウム」は「食塩相当量」へと変更になりました。

さらに、これまで「炭水化物」と一括りにされていた表示も、「糖質」と「食物繊維」へ、それぞれ明記されることになりました。

アレルギーへの配慮

ナチュラルローソンでは、カロリーを抑えた低糖質お菓子を販売しています。

パッケージの裏面には、原材料名の表記とともに、アレルギーに関する表示として「小麦・乳」が材料には含まれないものの、工場で同時に扱う原材料として明記されています。

炭水化物は「糖質」「食物繊維」とそれぞれ表記されています。

肥満や血糖値に注意したい健康志向の高い方々には親切な気配りとなっています。
また、ロカボだからといって決して味気ないものにはならず、一般的なお菓子と変わらないコクのある風味が保たれています。

低糖質ラスクとその仲間たち

内容量の満足度については個人差があると思いますが、糖質を抑えながらも風味のしっかりしたお菓子という点では、人気を集めそうです。糖質制限ですから、あんまりたくさん食べると意味がなくなってしまいますからね。

お値段もお手頃なので、他のロカボスナックとともに頻繁に楽しめそうです。
おいしく食べて糖質管理しましょう。