fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

平成30年7月豪雨 わたしたちにできること 募金先まとめ

被災地、被災者の方々に多くの募金が集まりますように…

先日、西日本の広い地域を襲った「平成30年7月豪雨」。
被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

連日、ニュースやネットなどで流れる現場の悲惨な状況に、心が痛みます。
自分にも何かできないか?そう思っている人は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

焦る気持ちを抑えて、まず自分たちにできること。
支援物資を送ったり、ボランティアに駆けつけることも、もちろん支援の1つになりますが、事前に被災地の状況などを把握して行動しなければ、逆に復興の妨げになる場合があります。
それよりも今、最短でできることは義援金や支援金の募金、被災地の特産品の購入によって被災者の生活を支えることだと思います。

現在、開設している募金や支援を募る窓口をご紹介します。

義援金と支援金の違い

募金箱などで見かけるこれらの文字ですが、募金する前にまずは確認してみましょう。

義援金とは

義援金は、被災した方々に日本赤十字社などに寄せられる寄付金のことをいいます。被災地の自治体に送られ、寄付金の100%が公平・平等に被災者に送られます(義援金配分委員会にて)。確実に被災者の元に届きますが、その分時間もかかってしまいます。

支援金とは

支援金は、被災地で支援活動をする団体やNPO・NGO等、ボランティア団体に送られる寄付金のことをいいます。
各支援団体で募金の使いみちを決めるため、わたしたち募金する側は支援団体の活動を前もって把握する必要があります。被災地での救命や復旧活動、被災者のニーズによって迅速に使うことができるお金です。

日本赤十字社 平成30年7月豪雨災害義援金

ゆうちょ・銀行振込にて受け付けています。

赤い羽根共同募金 平成30年7月豪雨災害

募金の他にボランティア、NPO活動のサポートも募っています。

ももたろう基金

郵便振込やクレジットカード、現金寄付にて受け付けしています。オンライン決済のみ、1,000円からの受け付けとなります。

ANA

マイルによる募金の受け付けが始まっています。1マイル=1円から募金できます。

ふるさと納税

さとふる 平成30年7月豪雨 災害緊急支援募金

ふるさと納税を活用することで募金することができます。自分が支援したい被災地に送ることができます。
返礼品を希望せずに募金した場合、全額が自治体の活動に充てられます。

ふるさとチョイス 平成30年7月豪雨

ふるさと納税を活用することで募金することができます。返礼品がなく、全額が自治体の活動に充てられます。

 

ネット募金

Yahoo!ネット基金

以前ひふみよタイムズでも書いたネット基金ですが、平成30年7月豪雨の募金も始まっています。
自分が支援したい団体などに送ることができます。クレジットカードの他に、Tポイントカードでも募金できます。

楽天クラッチ募金 平成30年7月西日本豪雨被害支援募金

楽天スーパーポイントやクレジットカード、楽天銀行から受け付けています。
ポイントだと1ポイント=1円に換算され、1円から募金できます。

LINE

LINEポイントとLINE Payで募金することができます。
ポイントだと1ポイント=1円で換算され、1円から募金することができます。ポイント、Payどちらもスマートフォンからの受付となります。

クラウドファンディング

Makuake

クレジットカードやコンビニ、銀行振込、ネットバンク振込にて、1,000円~100万円のコースがあります。※会員登録あり

CAMP FIRE

クレジットカードやPaypal、銀行振込、郵便為替にて、1,500円~10万円のコースがあります。※会員登録あり

被災地や被災者への支援で最も大切なことは、「風化させないこと」だと、以前聞いたことがあります。
そのためにも、自分も定期的な支援をしていけたらと思います。

被災地や近隣にお住まいの方々が、少しでも早く元の生活に戻れますように。