fbpx
2018.7.10:フリーペーパーVol.28発刊!

点滴を刺されたとき、血管を探されるとメチャ痛い!!

点滴の針が血管に刺さらないと、すごく痛い!!

健康な方でも1度は経験したことはあるかもしれない、点滴の注射。看護師さんの腕前でピンポイントで血管に刺さればOKなのですが、看護師さんが「うーん」と首を傾げて血管にうまく刺さらずに針をグリグリされるとメチャ痛いです。このような体験ありませんか?

外来点滴室の看護師さんは失敗をほぼしない。

各病院によりますが、外来に採血室といって血液を取る技師さんたちがいる部屋があります。そこで採血をしてもらい、診察室の前で順番を待ってから主治医の受診という流れが一般的かと思います。

採血室の看護師さんは注射が上手

採血室だから、1日に何十人もの患者の血液を注射で取るのが仕事です。それが専門だから採血が上手なのは当たり前かもしれません。たまに刺し終わったあと、青びょうたんになることもまれにありますが…(汗)
でも、ほぼ1発で血管に刺すし痛みもほとんどありません。

入院中は病棟看護師さんが担当

入院していた時期が多かった僕ですが、入院中は病棟看護師さんが採血をします。
看護師さんの腕前や、患者さんの血管がでる人、でない人と様々いて、僕は血管が凄く浮きでます。看護師さんも「刺しやすいね!」と言ってくれます(笑)

何度も採血に失敗する看護師さん、そしてキレる患者

これは入院中によく目にする光景であって、何回も採血に失敗して患者さんが「痛い!」といって段々とキレる口調になってきます。
「痛いだろうが!何回刺すんだ!」
と怒る患者さんも多く、看護師さんはひたすら
「すみません」
と謝る、このやり取りが隣で聞こえたりすると、結構場の雰囲気が悪くなります。

僕も失敗されることもあるけど、怒りはしないです!

血管がよく浮き出る僕は結構1回で点滴の針が刺さるのですが、やはり看護師さんそれぞれ腕前が違って何回も失敗する看護師さんもいます。
「ごめんね、抜き直すね…」
と謝りながら点滴をやり直す看護師さんに、僕は別に怒りはしません。
「次、失敗したらジュースおごってね(笑)」
みたいな冗談を言いながら、看護師さんにリラックスしてもらって雰囲気を和ませます。

それでも失敗すると先輩看護師を呼んできます。
その先輩看護師さんから言われたことですが、
「何回も点滴に失敗したら遠慮なく「他の看護師さんに変わってくれませんか?」と言ってね」
と教えてもらいました。でも、僕はそんなこと言えない…、自分が優しい性格だからかな?(笑)

針を刺して、血管に入らず探すときの痛さといったら…

点滴の注射で1番痛いのは、針を刺して血管に入らずグリグリと刺したまま血管を探すあれがメチャ痛いです。

看護師さんが首を傾げている

「あれー」と言いながら、血管を探している看護師さん。
「え?」と見ると、首を傾げながら針を刺していました。
針を刺したまま、血管に刺さるのを探しているのです。これがメッチャ痛くて血管に見事に刺さればいいのですが、なかなか血管に刺さらないと血管痛などを起こして、腕が腫れ上がったり内出血したりして痛いです。

ここだけは本当に「別の人に変わってください」と言ったほうが良いです。こっちは患者ですので、遠慮なく告げましょう。

でも正直「変わってください」って言いにくいですし、腕前が上手な看護師さんに当たることを祈るしかないのでしょうか…。はぁ、注射はもうホント嫌です!!